スポンサーリンク

収支内訳書の減価償却の入力の仕方-確定申告書等作成コーナー

 減価償却は購入年数や耐用年数によって、償却率が違ってくるので、手書きだと計算が面倒。

 だが、確定申告書等作成コーナーで計算すれば、自動的に償却率を計算してくれる。

 確定申告書等作成コーナーで収支内訳書の減価償却の入力をしてみよう。

減価償却費の計算に必要なもの

  • 前年度の収支内訳書
  • 該当年度に購入収得したのもの領収書

収支内訳書の減価償却の入力の仕方

1、確定申告書等作成コーナーの対象収支内訳書の収支内訳書を開く。

  • 不動産所得の場合は「収支内訳書(不動産用)」
  • 農業所得の場合は「収支内訳書(農業用)」
  • 農業以外の事業所得は「事業用収支内訳書(一般)

 をクリック。

収支内訳書の種類帳票選択-確定申告書等作成コーナー

2.『減価償却』入力画面へのリンクをクリック。

減価償却費へのリンク

3、赤い円で囲った『減価償却費』の項目をクリックすると、減価償却の入力画面が出てくる。

 この画面で、直接入力はできません!

3. 『新規に減価償却資産を入力する』ボタンをクリック。

 すでに読み込んであるデータ修正する場合、「修正」ボタンをクリック。

減価償却費の個別作成画面

3.減価償却の詳細入力画面が出てくる。
 それぞれの項目を選択、入力していく。

耐用年数参照ボタン

 灰色の部分は入力できない部分。
 上の項目から選択・入力していくと、順次必要部分が入力できる。

*『購入年月日』・『収得金額』・『前年の未償却残高』がわかれば基本的な入力はできる。
 *減価償却する資産で、仕事用・家庭用両方に使う場合は、11の使用率を入れる。
 *年度の途中で売却した場合の処理は、こちらの記事を見てね

5.1件の減価償却を入力したら『入力終了(次へ)』のボタンをクリック。

入力終了(次へ)

6、1件づつ減価償却する品物について入力をしていく。

7.全部入力し終わったら、画面の下のほうにある『入力終了(次へ)』のボタンをクリックする。