健康保険の傷病手当金・入社1年に満たない場合は?

 会社の同僚が病気で休職している。

 病気で休職している人を仮にAさんと呼ぼう。

 Aさんは、うちの会社に入社して3ヶ月。

 社長なんか『Aさんは、もう退職かな?』なんてことを言っているのだが・・・。

 ちなみに、うちの会社には休職手当てなんてものはない

 休職中でも賃金補償がある。

 が、もし、休業手当金が無い場合はどうなる?

 この入社3ヶ月目で病気休職となったAさん。

 社会保障でどの程度補償される?

健康保険の傷病手当金の支給条件は?

退職日までに継続して1年以上健康保険に加入している。

 1年以上健康保険に加入という用件は、同じ会社に勤務していなくてもかまわない。

 が、1日でも間が空いているとだめ。

 国民健康保険・任意継続被保険者との合算はできない。

傷病手当金の支給は、同一の疾病又は負傷及びこれにより発した疾病に関して、支給を始めた日から起算して1年6月が限度。

労務不能の日が継続して3日間あること。

 3日間には、土曜日、日曜日、祝日を含む。

労務不能1日につき、標準報酬日額の3分の2(月給日額の約66%)の金額が支給される。

退職した場合の傷病手当金の扱い

 退職した場合の傷病手当金の支払い条件は、『在職中に1回でも傷病手当金の請求手続きをしたことがある』こと。

 何らかの理由(有給を利用しての休職で、会社から給料が支払われているなど)で不支給になったとしても、傷病手当金の請求を1回でも在職中にしてあればOK。

問題は前の会社を辞めてからブランかがあるかどうか

健康保険証 入社3ヶ月のAさんは、前の会社をやめた後すぐに就職していれば傷病手当金を受けることができるかもしれない。

 でも、前の会社を退職した後、今の会社の就職までにブランかがあるとしたら、傷病手当金はもらえないことになる。

 健康保険の傷病手当金の支給を受けられるかどうかは微妙なラインだ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする