記事内に広告が含まれています。

住宅について考えよう

老後を見据えた家を建てたい。年をとっても、最後の最後まで、1人で暮らせる家。

PR
住宅について考えよう

土地・建物の登記事項証明書・登記簿謄本・抄本の交付請求書の作成時の注意点

土地や建物の登記事項証明書・登記簿謄本・抄本の請求する時は【土地・建物の地番】【家屋番号】がわからないと請求できない。【土地・建物の地番】【家屋番号】ってどうやって調べる?請求書の書き方の注意するところは?
住宅について考えよう

省エネ改修工事(住宅特定改修特別税額控除)

自宅を省エネ仕様にリフォームすると、所得税の控除(所得税が安くなる)を受けることができるかもしれない。いわゆる、リフォーム減税の一つ。この機会に将来を見越してエコリフォームするとよいかもしれない。
住宅について考えよう

介護保険の住宅改修にはご注意

介護保険の住宅改修は1人・1家屋20万円の内の1割から3割負担(年収によって自己負担が違う)で工事ができる。介護保険の介護度がついている人は使わないと損。でも、トラブルが多いのもこの住宅改修。注意しないと全額自己負担になってしまう。
PR
住宅について考えよう

住居費は、いくらまでなら生活を圧迫しない?

もうすぐ4月。新しい生活を始める人が多い時期だ。さて、家賃やローン、住居にかかるお金は、いくらまでなら大丈夫?もちろん、家族構成や入ってくるお金の額、普段使うお金の金額がそれぞれ違うので、人によって違うのだと思うけど。
住宅について考えよう

一概に老人ホームといわれているものもたくさん種類があるようで

自分の身の回りのことができなくなった。自分達が介護できない。こんな場合、考えるのは、老人ホームへ入ること。だが、俗にいう老人ホームにもいろいろあるようで。費用も違えば、利用できる条件も違う。知っておかないと、いざって時、困っちゃうかも。
税金について知ろう

マイホームの売却は10年超が所得税も住民税も絶対お得

土地や建物を売却した場合、譲渡所得といって、所有期間によって所得税・住民税の税率が違ってくる。が、マイホームに関しては、所有期間10年を超えている場合、条件次第では所得税も住民税も税率が変わることがある。つまり、所得税や住民税が安くすむ。
住宅について考えよう

ウィークインクローゼットは通路幅に注意

住宅メーカーのいうがままウィークインクローゼットを作ると、使いにくいウィークインクローゼット(WIC)になるかもしれない。特に1坪のWICの場合は、要注意。WICの内寸とポールの取付位置と通路幅の関係はきちんと確認しておかないと後悔する。
住宅について考えよう

使いやすいクローゼットのパイプの高さ

クローゼットのパイプの高さ、いったい何センチが理想の高さだと思う?ちゃんと、基準があるんだってさ。しかも、その人によって、理想的なパイプの取付高さが違うらしい。クローゼットのパイプの高さもこだわったほうが、がぜん使い勝手がよくなるらしい。
住宅について考えよう

地盤改良には思わぬデメリットが地盤改良は必要か不必要か

地盤が弱いと建物の重さを地面が支えきれず、建物が傾きが起きたり、窓やドアが開きづらくなったり基礎や外壁にひびが入ったりする。耐震対策をしても、地盤が弱ければ意味がない。で、行われるのが地盤改良。でも、この地盤改良デメリットはないんだろうか?
住宅について考えよう

すまい給付金は本人が受け取ることも業者が受け取ることもできる

住宅を買ったときや建てたとき、最大50万円まで支給されるすまい給付金。受け取り方には、二つの方法があるらしい。自分で手続して、自分で受け取る本人受領。又は建築業者などが代理で受け取る代理受領。代理受領のほうが面倒がないが、注意もいる。
PR