公的保障(健康保険・年金・雇用保険・生活保護・災害時の補償)一覧

日本は社会保障が充実している。公的な保険や給付・扶助をきちんと理解すれば無駄な出費が防げる。健康保険・国民年金や厚生年金や共済・雇用保険・労災、障害者に対する給付などについて知ろう。

管理人は見た!あきれた生活保護受給者の例

福祉事務所から送られてくる扶養照会、経済状態など書きたくなければかかなくて良い、そして、援助できなければ『援助できない』と書いて送り返せばいい。でも、管理人が知ってる例で、こんなのがある。

記事を読む

国民年金基金ってなんなの?加入条件は?

国民年金の受給額は40年間保険料を納付した場合、平成30年度で年額779,300円。この「国民年金の受取金額、少しでも高くしたい。」という人は、国民年金基金に加入するという手がある。さて国民年金基金っていったいどんなものだろう。

記事を読む

日雇い労働者と労災・雇用保険

日雇い労働者は労災(労災保険・労働災害保険)や雇用保険に加入できるのか?日雇い労働者でも働いていたと言う実態が証明できるもの(日雇い手帳とか、給与明細とか)があれば、問題なく労災の対象になる。雇用保険の場合も給付対象にはなるが条件がある。

記事を読む

再就職したけど、やめちゃいました!こんな時どうなる雇用保険

再就職後、すぐやめちゃうなんてことは結構あるケースだ。この場合の雇用保険の基本手当て(失業手当)の扱いは、再就職していた期間によって違う。また、自己都合退職の場合と会社都合の場合でもちょっと違がってくる。

記事を読む

院外処方箋より、薬は病院で直接もらうほうが得になる

管理人は、院外処方というものが嫌いだ。理由は簡単。同じ薬でも、病院内の薬局(調剤室)でもらうほうが、院外薬局へ処方箋を持っていって、薬をもらうより安いから!

記事を読む

税金の滞納と生活保護受給

ある日、知り合いの主任ケアマネと話をしていて、「市税滞納していたら生活保護は受けられない」という話を聞いた。疑問に思ったので今日は住民税の滞納と生活保護の受給についての話をしたいと思う。市税を滞納していたら生活保護は受けられないんだろうか?

記事を読む

持ち金いくらなら生活保護の申請ができる?

生活保護は「持ってるもの全てを活用しても生活できない。」というのが受給の条件だ。でも、明日食べるお金がないとまでいかなくても生活保護の申請はできる。幾ら位の貯金(持ち金)なら生活保護の申請を受け付けてもらえるんだろうか?

記事を読む

扶養照会は単なる「お尋ね」強制力はありません

「扶養照会」と言う手紙が、福祉事務所から送られてきた! 空けてみたら『Aさんの生活の援助ができないですか?』と言うお問い合わせ。中身は、あなたの経済状態とかを尋ねる書面だ。でも、安心して大丈夫。

記事を読む

生活保護を受けている人が急病になった場合

生活保護を受けていると、医療扶助で医療費は基本的に無料。だが、制約がある。医療扶助で受ける医療は、あらかじめ相談の上、決められた病院とかで受ける。では、急病になって、決められた病院以外に急遽診てもらったらどうなるか?

記事を読む

生活保護受給への検診命令って健康診断とは違うの?

生活保護受給者には検診命令と言うものが有るのだそうだ。検診命令とはどんなもの?健康診断ってこと?いやいや、検診命令が出されるのは、生活保護の受給の可否判定や不正受給防止のために、健康状態を調べる必要がある場合ということらしいよ。

記事を読む