公的保障(健康保険・年金・雇用保険・生活保護・災害時の補償)一覧

日本は社会保障が充実している。公的な保険や給付・扶助をきちんと理解すれば無駄な出費が防げる。健康保険・国民年金や厚生年金や共済・雇用保険・労災、障害者に対する給付などについて知ろう。

国民健康保険から会社の健康保険に切り替える場合の手続き

国民健康保険に加入していた人が、会社勤めると、基本的には会社の健康保険に入ることになる。2022年10月からは、パートで国民健康保険に入っていた人でも、会社の健康保険に入るケースが増える。どういう手続きをする?手続きをしないとどうなる?

記事を読む

再就職が決まった後のハローワークでの手続き

雇用保険の失業手当(基本手当)の受給資格がある人、再就職が決まったらハローワークへ行って手続きしよう。でも、土日を挟んでいる場合やその後の再就職手当と就業促進定着手当あるいは就業手当の手続きなんかどうするんだろうね?そんな疑問にお答えします

記事を読む

ハローワークから就職祝い金-再就職手当・就業促進定着手当・就業手当・常用就職支度手当

雇用保険の受給期間中に就職できた場合、就職促進給付として再就職手当・就業促進定着手当・就業手当・常用就職支度手当 というのが支給される場合がある。これらの手当 は雇用保険からの就職祝い金といったところ。

記事を読む

すぐには、もらえない雇用保険の基本手当て(失業手当)

雇用保険の基本手当て、俗に言う失業手当・失業保険は仕事をやめてすぐにもらえるわけじゃない。自己都合退職の場合「待機期間」+「給付制限期間」というのが付く。会社都合の場合は「待機期間」が過ぎれば基本手当て(失業手当・失業保険)をもらうことができる。

記事を読む

国民健康保険と全国健康保険協会の健康保険の給付内容の違い

国民健康保険と、一般のサラリーマンが加入している全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険の給付内容はどう違う? 国民健康保険でも協会けんぽでも、病院にかかったときの自己負担は3割と変わりがない。 じゃあ違いは何?

記事を読む

管理人は見た!あきれた生活保護受給者の例

福祉事務所から送られてくる扶養照会、経済状態など書きたくなければかかなくて良い、そして、援助できなければ『援助できない』と書いて送り返せばいい。でも、管理人が知ってる例で、こんなのがある。

記事を読む

国民年金基金ってなんなの?加入条件は?

国民年金の受給額は40年間保険料を納付した場合、平成30年度で年額779,300円。この「国民年金の受取金額、少しでも高くしたい。」という人は、国民年金基金に加入するという手がある。さて国民年金基金っていったいどんなものだろう。

記事を読む

日雇い労働者と労災・雇用保険

日雇い労働者は労災(労災保険・労働災害保険)や雇用保険に加入できるのか?日雇い労働者でも働いていたと言う実態が証明できるもの(日雇い手帳とか、給与明細とか)があれば、問題なく労災の対象になる。雇用保険の場合も給付対象にはなるが条件がある。

記事を読む

再就職したけど、やめちゃいました!こんな時どうなる雇用保険

再就職後、すぐやめちゃうなんてことは結構あるケースだ。この場合の雇用保険の基本手当て(失業手当)の扱いは、再就職していた期間によって違う。また、自己都合退職の場合と会社都合の場合でもちょっと違がってくる。

記事を読む

院外処方箋より、薬は病院で直接もらうほうが得になる

管理人は、院外処方というものが嫌いだ。理由は簡単。同じ薬でも、病院内の薬局(調剤室)でもらうほうが、院外薬局へ処方箋を持っていって、薬をもらうより安いから!

記事を読む