銀行と証券会社・金融商品一覧

銀行によってサービスも特徴もいろいろ。定期預金の金利は低くても、便利に使うことができるほうが大事な時もある。もちろん預金金利が高いに越したことないけど。小金もちになるための銀行選び。

SBI証券で配当金受け取り方法を指定する

株の配当金の受け取りは「配当金受領証方式(従来方式)」「登録配当金受領口座方式」「株式数比例配分方式」「個別銘柄指定方式」の4つ。使っている証券会社で受け取り方を指定する。SBI証券で配当金受け取り方法を指定してみよう。

記事を読む

株の配当金の受け取りってどうやる?

株の配当金の受け取りってどうやる?配当金の受け取り褒章は4つほどあるが、特にニーサNISAの配当金の受け取りは注意して選ぶ必要がある。ということで、今日は株の配当金の受け取り方式とNISAでの注意点をちょっとご紹介。

記事を読む

簡易郵便局って普通の郵便局とどう違う?

仕事先の近くに「簡易郵便局」というのがある。一見すると、普通の郵便局と同じように見えるのだが、簡易というからには、多分、普通の郵便局と違う部分もあるんだろう。でも、どこが違うんだろ?取り扱っているものが違うとか?

記事を読む

楽天銀行配当金の受け取り

平日に郵便局に行けないので、株の配当金の受け取りを銀行にすることにした。楽天銀行で株の配当金を受け取ると、配当金1件の受け取りごとに、10円の現金を獲得できる。他にも、楽天ポイントの優遇があったりする。ということで、受取先は楽天銀行にした。

記事を読む

アドレスバーで銀行サイトが本物か判断する方法

偽銀行サイトの見分け方。いや、セキュリティレベルが低く、個人情報を入力したりしてはいけないサイトの見分け方といった方が良いか?意外に知られていないが、セキュリティ上、信頼できない・安全性の低いサイトの見分け方がある。

記事を読む

インデックス型とアクティブ型投資信託の違いと利益の上げやすさ

投資信託は、運用の仕方によって、アクティブ型とインデックス型に分けられる。アクティブ型投資信託とインデックス型投資信託どう違うの?利益を上げやすいのは、どちらの投資信託?

記事を読む

野村信託銀行の使い方-口座開設の方法

野村信託銀行は、証券会社の首位、野村證券の系列銀行。普通の銀行と違い、野村信託銀行単体での口座開設ができない。野村信託銀行を使うためには、まず、野村證券の口座を開設する必要がある。でも、野村證券の口座が開設してあれば面倒なことはない。

記事を読む

退職時の企業型確定拠出年金の取り扱いに注意

確定拠出年金の企業型確定拠出年金(DC)は、退職時の取り扱いには注意がいる。退職後の手続き期間は6か月。6か月以内に、解約するか確定拠出年金の個人型(iDeCo)に加入するかを決め、手続きをする。では、何の手続きもしなかった場合どうなるか?

記事を読む

投資信託の購入-銀行のほうが信用度が高いわけじゃありません

時間を味方にリスクを少なくできる金融商品が投資信託。若い時から少額ずつ継続して投資信託を購入していくと少ないリスクで思わぬ利益になったりする。今は色々な金融機関で投資信託を販売している。投資信託を買うなら銀行?郵便局?それとも証券会社?

記事を読む

投資信託の手数料は投資家の利益を圧迫する

同じ投資信託を購入するのでも、証券会社によって手数料の額が違う。しかも、投資信託にかかる手数料と言うのは、1種類だけじゃない。手数料が高いと投資信託で利益が出ても利益を相殺してしまう。投資信託にかかる手数料を考えてみよう。

記事を読む