スポンサーリンク

社会保険3点セット(雇用保険・健康保険・年金保険)というけれど

 よく、社会保険3点セット(雇用保険・健康保険・年金保険)と言うけれど、どちらかというと健康保険と厚生年金保険でワンセット。

 雇用保険と労働者災害補償保険(一般に「労災保険」)を労働保険と呼んでワンセット。

 健康保険と厚生年金加入の労働時間と労働保険加入の労働時間は異なるし。

社会保障の加入労働時間は?

厚生年金や健康保険の加入と労働時間

 厚生年金保険の加入条件は週30時間以上。

 正確にいえば

  • 1日の所定労働時間がおおむね4分の3以上
  • 1カ月の労働日数がおおむね4分の3以上

 の両方を満たす場合。

 ただし、例外もある。

厚生年金や健康保険の加入と労働時間例

 正社員の1日の基本労働時間が7時間で、週5日勤務の週40時間ならば、その3/4である1日6時間以上、週30時間以上の労働時間があれば社会保険の加入条件を満たす。

 正社員の1日の基本労働時間が8時間で、週5日勤務の週35時間ならば、その3/4である1日5.25時間以上、週26.25時間以上の労働時間があれば社会保険の加入条件を満たす。

2016年4月からは週20時間になる会社もある

 2016年4月から事業規模501人からは週20時間以上、301人以上の事業者の場合は順番に週20時間以上になる予定。

 300人以下の会社の厚生年金加入の条件となる労働時間は今後の情勢しだいで週20時間以上になるかならないかはっきりしていない。

労働保険(雇用保険・労災保険)加入のための労働時間

 労働保険の加入条件となる労働時間

 週の勤務時間が20時間以上かつ1年以上雇用される見込みがある

 場合。

アルバイトパートの場合は社会保障の加入状況にご注意

 というわけで、2015年現在の状況としては年金や健康保険と雇用保険・労災を3点セットと呼ぶにはちょっと無理があるような感じ。

 特にパートアルバイトの場合、社会保険といっても、労働時間によっては労働保険の対象にはなるが、健康保険や厚生年金の対象にはならないことも。

 また、求人の広告で「社会保険加入あり」となっていても、労働保険加入だけだったなんて例もあるらしい。