雇用保険一覧

雇用保険でもらえるお金はいくらくらい?雇用保険に入っていないとどうなる?

社会保険3点セット(雇用保険・健康保険・年金保険)というけれど

社会保険3点セット(雇用保険・健康保険・年金保険)と言う。どちらかというと健康保険と厚生年金保険でワンセット。雇用保険と労働者災害補償保険を労働保険と呼んでワンセット。健康保険や厚生年金加入の労働時間と労働保険加入の適応労働時間は異なる。

求職者支援制度は雇用保険料を納めていない人でも利用できる

雇用保険の事業の一つが「求職者支援制度」。「求職者支援制度」の対象は『雇用保険の失業手当を受給できない失業者』だ。雇用保険料を納めていない人も対象となっている。支援の内容は、無料の職業訓練と給付の支給。具体的に求職者支援制度見てみよう。

雇用保険の基本手当て(失業手当)をもらえる条件と期間

雇用保険の基本手当(失業手当)も無条件でもらえるわけではない。基本手当をもらうための条件とはどんなもの?また、雇用保険の失業手当をもらえる期間は退職理由と年齢などによって違っている。雇用保険の基本手当てをもらえる期間はいったいどのくらい?

すぐには、もらえない雇用保険の基本手当て(失業手当)

雇用保険の基本手当て、俗に言う失業手当・失業保険は仕事をやめてすぐにもらえるわけじゃない。自己都合退職の場合「待機期間」+「給付制限期間」というのが付く。会社都合の場合は「待機期間」が過ぎれば基本手当て(失業手当・失業保険)をもらうことができる。

雇用保険の失業手当受給期間の延長どんな書類が必要?

雇用保険の失業手当受給期間の延長は、基本的には、ハローワークに直接行くのが一番。だが、郵送や代理人でも手続きできる。今回は雇用保険の失業手当受給期間の延長にどんな書類が必要か?について。ただし、管轄のハローワークによって、他に必要といわれる場合もある。

健康保険の傷病手当金と失業手当を無駄なくもらおう

病気やけがなどですぐに働けない場合、雇用保険の失業手当を貰えないと思っている人、病気やけがなどで、働くことができない場合、失業手当ての受給期間延長申請ができる。上手に利用して「健康保険の傷病手当金」「雇用保険の失業手当」無駄なくいただこう。

その退職理由、会社都合の退職かもしれない-特定受給資格者と認められる退職理由

会社都合で退職すると雇用保険の給付制限が無くなり雇用保険の基本手当てがすぐにもらえる・雇用保険の基本手当ての給付期間が延びたりする。会社都合の退職というと経営の悪化などだけでなく他の理由の退職も会社都合による退職とみなされる場合がある。