年金一覧

年金を知って無駄な出費を抑えよう

社会保険3点セット(雇用保険・健康保険・年金保険)というけれど

社会保険3点セット(雇用保険・健康保険・年金保険)と言う。どちらかというと健康保険と厚生年金保険でワンセット。雇用保険と労働者災害補償保険を労働保険と呼んでワンセット。健康保険や厚生年金加入の労働時間と労働保険加入の適応労働時間は異なる。

年金は何歳からもらうのが得?

60歳から年金をもらうと年金額が減る。66歳から年金支給なら年金の額は増える。皆さんよく知っている。気になるのは、何歳からもらったら一番得になるか?「年金は男性66歳、女性70歳でもらい始めるのが有利」と言われていたりする。ほんとだろうか?

老齢年金の種類は老齢基礎年金と老齢厚生年金以外にもあるんだって

老齢年金は何回調べても良くわからない。老齢年金の種類もいろいろあるようだ。老齢基礎年金と老齢厚生年金、老齢厚生年金は(本来の)老齢厚生年金・特別支給の老齢厚生年金・加給年金。ということで老齢年金の種類・それぞれの老齢年金がどんなものなのか?

年金受給者にも年末調整がある?

年金受給者にとって、年末調整に当たるのが「扶養親族等申告書」。「確定申告不要制度」で確定申告していない人も、65歳未満で108万円以上、65歳以上で158万円以上の老齢年金を受け取っている人は、「扶養親族等申告書」を返送しないと、高い税金を払うことになる。

60才からの働き方年金と給料で28万円以下が得?

そのうち年金受給年齢が70歳になるのではないかと思う。一方、大抵の企業の定年は60歳のままだ。60歳以降、年金受給開始年齢まで、まったく働かないで生きていくのはなかなか難しい。では、60歳以降どんな働き方をすると得になる?