出産費用と生活保護・出産扶助

 生活保護を受けている場合、出産時の費用は出産扶助という名前で給付される。

 出産扶助については、各自治体によっては一寸差があるようだ。

 生活保護受給者の出産時の給付・出産扶助について調べてみよう。

出産時の生活保護による給付(出産扶助)内容

 生活保護の場合、出産費用は出産扶助という名前で給付される。

出産扶助を受けるための条件

*自宅分娩または自治体指定の病院で出産すること。

出産扶助の内容・例

居宅分娩249000円、施設分娩231000円、出産予定日の急変などは、特別基準として293000円。

衛生材料→5400円。

施設分娩加算→8日以内の入院医療費実費。

 最近は、生活保護の出産扶助でなく児童福祉法第22条の「入院助産制度」という制度での出産をする人が多いらしい。

生活保護受給者への育児費用

 生活保護の場合、妊婦検診や乳幼児健診は、公費負担で無料になる場合がほとんど。

 また、乳児の予防接種に関しても、通常、自己負担金が発生する予防接種でも、自治体の助成で、無料であることがほとんどである。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする