退職金の受け取り方法どれがお得になる?

 退職金というと、退職時に一時金として受け取るイメージだ。

 でも、退職金を年金方式で受け取るという方法もある。

 退職金の受け取りは「一時金」と「年金」どちらがお得になるんだろう?

退職金の受け取り方法

 退職金の受取方法には

・一時金受取
・年金受取
・一時金と年金受取の併用

 の3種類あり、受取方法を選ぶことができる。

 ただし、職場の規定にもよる。

退職金を一時金で受取る場合のメリットとデメリット

 退職金を一時金で受け取る場合のメリットは税金での優遇。

退職金一時金受け取りのメリット

 退職金を一時金で受け取るときの税金面のメリットは2つある。

1. 退職所得控除

 退職金を一時金として受け取ると「退職所得控除」という大きな所得控除枠が利用できる。

退職所得控除は

  • 勤続年数20年以下の場合 40万円 × 勤続年数 (最低80万円)
  • 勤続年数20年超の場合は 70万円 × (勤続年数-20年) + 800万円

で計算される。

 例えば勤続年数40年の場合、退職所得控除は2200万円。

 一時金で受取った退職金の税金の計算は、まず退職金総額から、退職所得控除を引くので、仮に40年務めた場合、退職金が2,200万円なら税金がかかりらない。

 もし退職金額が退職所得控除額を超えたとしても、課税対象は超えた分の半分で済む。

2. 社会保険料計算の対象とならない

 退職金を一時金で受取った場合、退職金は社会保険料計算の対象とならない。

退職金一時金受け取りのデメリット

 一時金として退職金を受け取った場合のデメリットは長生きした場合に生じる。

 ある時点から退職金受け取り総額が年金受取よりも少なくなってしまう可能性がある。

退職金を年金受取方式で受け取る際のメリット・デメリット


 退職金の年金受取は、会社が2%や3%といった運用目標で運用を行いながら、定められた期間退職金を分割で受取る方法。

 分割で受取れる期間は、会社の退職金制度による。

退職金を年金方式で受け取るときのメリット

 退職金の年金受取のメリットは、2つ。

・会社が一定の運用利率で運用を行うので、その運用収益を得られる可能性がある点。
・長い期間分割で退職金を受け取ることができる制度が会社にある場合、長生きすると、一時払いで退職金をもらうときよりも総額が多くなる可能性がある。

 まあ、どちらも可能性の問題だけど。

退職金を年金形式で受け取る場合のデメリット

 退職金を年金受取でもらう場合のデメリットは一時金で受け取る場合より、税金面で不利になってしまう点。

・退職金を年金形式で受け取った場合、雑所得として、所得税・住民税の課税対象となる。
・社会保険料や介護保険料計算の対象になる。

 てなことで、会社に、「終身」タイプの退職金の分割受け取りがあり、長生きするかもという場合、年金形式で退職金を受け取る法が得になるかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする