スポンサーリンク

農業用収支内訳書の収入を記入しよう

 確定申告書等作成コーナーで「農業用収支内訳書の収入金額」の欄を入力してみよう。

対象となる申告書の種類

 収支内訳書は白色申告用の申告書。

 なので、白色申告する人が対象になる。

農業所得用収支内訳書入力画面の開き方

 確定申告書等作成コーナーの白色申告の収支内訳書は「一般用」「農業所得用」「不動産所得用」の3種類に分かれている。

 それぞれの収支内訳書の開き方はこちらの過去記事を参照してね。

農業所得用収支内訳書の収入金額を入力してみよう

1.農業所得用収支内訳書の「新規入力」または「編集」ボタンをクリック。

2.「収支内訳書(農業所得用)メイン」の画面が出てくる。

3.「販売金額」または「家事消費 事業消費金額」または「雑収入」「農産物の 棚卸高」のリンクをクリック。

1確定申告書等作成コーナー-収支内訳書-収入金額の入力

 どのリンクをクリックしてもクリック後は同じ入力画面が出てくる。

 2確定申告書等作成コーナー-収支内訳書-収入金額の内訳

 すでに文字が入っているのは、前年度分のデーターを読み込んだため。

4.それぞれの項目を入力。

「家事消費」「事業消費」についてはこちらを見てね

「特殊施設」についてはこちらの記事を見てね

「期末棚卸高」についてはこちらの記事を見てね

 売上金の明細書の数量表示が入力項目にあっていない場合は、それぞれ入力項目に合わせて計算しなおす。

 とはいえ、農地の面積とかは入力しなくても計算できるのだが一応良くある単位については下。

  • 1俵=約60kg
  • 1反=≈ 9.91736アール=約10アール

5.入力終了後は「入力終了(次へ)」のボタンをおす。

6. 「収支内訳書(農業所得用)メイン」の画面が自動的に出てくる。

8.そのままほかの項目を入力するときは青文字で下線が付いている部分をクリックする。

入力内容を保存しよう

 入力後はこまめにデータを保存しよう。

 画面をスクロールすると下のほうに入力データーを保存するためのボタンが出てくる。

 「入力データを保存する」このボタンをクリックして、名前をつけて保存する。

 詳しい保存方法は過去記事「確定申告書等作成コーナーの入力中断データの保存と再開方法」を見てね。