e-Tax(電子申告)のメリット・デメリット

 e-Tax(電子申告・イータックス)で確定申告をしてみよう。

 メリット・デメリットあるが、「忙しくて税務署に行く時間が取れない」なんて人にはなれると便利だ。

e-Tax(電子申告)で確定申告をするメリット

  • 添付書類の省略(送信・添付する必要が無い)ができる。
  • 還付金が早く入金される。
  • 期間中は24時間申告できる。
  • 確定申告を間違えたときも修正して再送信するだけ。
  • 申告書の作成は1月半ばから作ることができる(ソフトが公開されている)。
  • 前年度分のデーターをパソコンの中に保存することができ、登録内容を利用できる。

e-Tax(電子申告)で確定申告をするデメリット

  • パソコン・カードリーダー・インターネット接続環境が必要。
  • 住民基本台帳カードの作成を事前に作成しておく必要がある。
  • 住民基本台帳カードの電子証明の有効期限は3年。
    3年後には再登録する必要がある。

 ちなみに、住民基本台帳カードの登録は、市町村役場に行くとすぐにその場で作ってくれる。

e-Tax(電子申告)の作成は?

 e-Tax(電子申告)用の申告書の作成は「確定申告書等作成コーナー」で作ることができる。

 「確定申告書等作成コーナー」ではe-Tax(電子申告)用の申告書だけでなく、書面で税務署へ提出するための申請用紙の作成もできる。

e-Tax(電子申告)のメリットは実はそんなに多くない

 e-Tax(電子申告)の本当のメリットは「24時間受付される」「添付書類を省略できる」ことぐらい。

 その他のメリットは「確定申告書等作成コーナー」で申請書類を作成するとほとんど享受できるものばかりだ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする