期末残と期首残の考え方

 収支内訳書の収入の欄の期首残と期末残と言う項目。

 農業用収支内訳書に限らず、項目があるんだけど・・・・。


農業用収支内訳書の期末残の考え方

 農家の場合、前年の期末残=今年の期首残と言うことになる。

 前年度に農作物を残していなければ0。


 前年度の収支内訳書の期末残の記載がある人は、その数字を『期首残』に記載する。



 ちなみに、この期首残、収入からは引かれる項目。


期末残の考え方

 逆に、期末残は12月31日までに残しておいた農作物の価格。

 たとえ、来年の作付けの種として残しておいても、収入の取り扱いとしては、加算される項目(来年度は除算されるけど)。


 もし、全部、農作物を売ってしまったとしたら、0で記載する。


 農家の場合、この期首残・期末残もなんだか微妙な項目。

 できた作物を全部売って、来年の作付けは、買った種籾で処理すれば『必要経費』で支出になるし。

 こっちのほうが、面倒が無い・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする