年末調整・扶養控除等(異動)申告書D欄とE欄

 年末調整・扶養控除等(異動)申告書D欄とE欄について本日は調べてみます。

 

年末調整・扶養控除等(異動)申告書D欄

 扶養控除等(異動)申告書D欄は『他の所得者が控除を受ける扶養親族等』の記載欄。

 『他の所得者が控除を受ける扶養親族等』とは何かというと。

 例えば夫婦共働きで子供がいる場合。

  夫の扶養に入るとしたら、妻からすれば「他の所得者=夫」となり、妻はこの欄に子供と夫の名前を書くことになる。

 

年末調整・扶養控除等(異動)申告書E欄

 16歳未満の扶養親族についての記載欄が扶養控除等(異動)申告書E欄。

 16歳未満の扶養親族は所得税上の控除対象にはならないが、住民税の関係で市区町村に報告する必要がある。

 年末調整で、扶養控除等(異動)申告書E欄に16歳未満の扶養親族について記載することで、市町村へ伝わるようになっている。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

りそな銀行のATM入出金

noimage
noimage

違法薬物に手を出した場合の罰金・罰則

noimage

葬式代を準備する保険のメリット・デメリット

noimage

WAONとnanaco、交換レートはどちらがお得?

noimage
noimage
noimage

銀行預金はインフレに弱いは本当か?

noimage

帰省時には、親戚や保険給付請求先の確認を

noimage

いま、世界で軽自動車が注目されている

noimage

日雇い労働者と労災・雇用保険

noimage
noimage

お金がたまらない人は、車を処分したほうがいいと思う

noimage

課税所得200万円の場合,確定拠出年金は得になるか?

noimage

楽天銀行の定期預金キャンペーン

Menu

HOME

 TOP