年末調整・扶養控除等(異動)申告書D欄とE欄

 年末調整・扶養控除等(異動)申告書D欄とE欄について本日は調べてみます。

 

年末調整・扶養控除等(異動)申告書D欄

 扶養控除等(異動)申告書D欄は『他の所得者が控除を受ける扶養親族等』の記載欄。

 『他の所得者が控除を受ける扶養親族等』とは何かというと。

 例えば夫婦共働きで子供がいる場合。

  夫の扶養に入るとしたら、妻からすれば「他の所得者=夫」となり、妻はこの欄に子供と夫の名前を書くことになる。

 

年末調整・扶養控除等(異動)申告書E欄

 16歳未満の扶養親族についての記載欄が扶養控除等(異動)申告書E欄。

 16歳未満の扶養親族は所得税上の控除対象にはならないが、住民税の関係で市区町村に報告する必要がある。

 年末調整で、扶養控除等(異動)申告書E欄に16歳未満の扶養親族について記載することで、市町村へ伝わるようになっている。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

電気代を節約するなら、TV画面は小さいほうが得になる

noimage

12月の利付国庫債券購入は19日まで

noimage

ソフトバンク社債仮条件

noimage

WAONポイントに交換できる他社のポイントの交換レート

noimage

ずぼらな人の貯蓄・まず積立から始めよう

noimage
noimage

保険料控除が今年から変わるよ

noimage

JAバンクのキャッシュカードが無料で使えるATM

noimage
noimage

年末調整で社会保険料控除の記載が必要となるケース

noimage

収支内訳書のいらない人の場合

noimage

国税庁確定申告作成コーナーのPDFが表示されない

noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP