スポンサーリンク

同居の範囲と「生計を一にする」について

 確定申告の季節。

 税金の控除を受けようと思う場合たびたび出てくるのが「同居親族」や「生計を一にする」という言葉。

 今日は同居親族の『同居』の範囲と「生計を一にする」状態について調べてみた。

 住民票が同じでも、長期に入院しているなどの場合どういう扱いになるのか?

 老人ホームへ入居中の場合は?

 扶養控除でも、配偶者控除でも『同居』と『同居以外』の控除は差額が大きいもんね。

スポンサーリンク

税務署が同居とみなす要件

病院へ入院中の場合

 1年以上の長期にわたる場合でも、病気の治療のための入院は同居とみなす。

老人ホーム、養護施設などへ入所

 同居以外。

グループホームや老人保健施設に入所している

 住民票が自宅から移されないことから同居とみなされる。

問題は住民票のありか

 国税庁のHPには明記されていないが、多分、同居とみなす要件は、住民票がどこにあるかってところなんじゃないかと思う。

 税務署が『同居か否か』の判定をする公的資料といえば、今のところ住民票しかないもん。

 基本的に、老人ホームや養護施設に入所するときは、住所を施設に変更することになっているし。

 しかし、『住民票上だけ同居』って、結構ありそうな気もするが。

「生計を一にする」というのは?

 ちなみに、「生計を一にする」というのは、どういう解釈かというと、

  • 『同一の家屋に起居している場合には、明らかに互いに独立した生活を営んでいると認められる場合を除き、「生計を一にする」ものとして取り扱われる』
  • 『余暇には起居を共にする・送金が行われている』

 ということなので、必ずしも住民票の所在は関係がない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする