スポンサーリンク

生活保護でもらうお金は多い?少ない?

 生活保護年金受給者より、実際の年収は多くなるってほんと?

 生活保護の場合、年収とはいえないが。

 生活保護は税金がかからないから、収入とはいえないんだな。

生活保護の内容(扶助)と金額(東京都某区の場合)

生活扶助

  • 飲食物費、光熱水費、移送費などの支給。
  • 個人ごとの飲食や衣服・娯楽費等の費用と世帯として消費する光熱費等。
  • 30歳・一人暮らしの場合40270+43430=83500円
  • 他冬季加算あり

教育扶助

 義務教育を受けるのに必要な援助であり、教育費の需要の実態に応じ、原則として金銭をもって支給される。

住宅扶助

 家賃、間代、地代等や住宅を維持する必要があるときに行われる援助、原則として金銭をもって支給される。

家賃53700円

敷金279200円

更新料104700円

医療扶助

  • けがや病気で医療を必要とするときに行われる援助。
  • 原則現物支給(投薬、処置、手術、入院等の直接給付)。
  • 基本的には指定された医療機関での受診だが、場合によっては、指定外の医療機関でもOK。
  • 予防接種などは対象とならない(検診命令として、検診の費用は出る)。
  • 健康保険に加入している人は、健康保険料は生活保護受給の認定のための収入に含めない。
  • 医療費は基本的に全額公費負担

介護扶助

  • 要介護又は要支援と認定された生活困窮者に対して行われる給付。
  • 原則として、生活保護法指定介護機関における現物支給。
  • 介護保険とほぼ同等の給付が保障されている
  • 健康保険に加入している人は、健康保険料は生活保護受給の認定のための収入に含めない。
  • 年金受給者の場合、年金額から介護保険料を徴収するが、生活保護受給の認定のための収入に含めない。
  • 保険料・サービスともに、基本的に全額公費負担

出産扶助

  • 出産をするときに行われる給付。
  • 原則として、金銭により給付される。
  • 231000円以内・他加算あり

生業扶助

  • 仕事に必要な資金、器具や資材を購入する費用、又は技能を修得するための費用、就労のためのしたく費用等が必要なときに行われる。
  • 原則として金銭で給付される。
  • 平成17年度より高校就学費がこの扶助により支給されている。

葬祭扶助

  • 葬祭を行う必要があるとき行われる給付で、原則として、金銭により給付される。
  • 201000円以内・その他加算あり

一時扶助

 住宅維持費・生活什器・被服費・布団・紙おむつ・就学祝い金など

地域によって支給される金額は異なるが

 生活保護は、基準が地域に依存しているので、支給される金額などは、地域によって違ってくる。

 表に記載した金額は、30歳代一人暮らしの場合の金額。

 家族の人数によっては、生活扶助はもっと金額が多い。

 生活扶助の場合、30歳代の夫婦二人の場合、40270×2×0.9+48070円=120 556。

 これに、冬季加算が4000円つく。

 30歳代の夫婦に0歳児の子供がいれば、40270×3×0.9+20,900+53,290=182 919円

冬季加算が4,770円。

 妊婦や産婦にも手当てがつく。

 この金額は、税金抜き、住居費抜き、医療費、介護費抜き。

 純粋に食べるためと光熱費に当てることのできる金額(仕事以外の衣類や生活什器の買い替えの資金も入るけど)ということになる。

 そして、家族の人数が増えれば増えるほど、生活保護で受給される住宅扶助の金額も多くなる。

 30歳代1人暮らしで、、税金のかからない83500円/月・・・。

 しかも、医療費なし、被服費や布団代、生活什器(生保開始時には支給して良いことになっている)まで補助が出て、月額83500円・・・。

 管理人の感覚で言うと・・・・、やっぱり多いよ。

 *もっと詳しい生活保護の支給額を知りたい人はこちら。

 なんか、まともに働くのがばかばかしくなってきた・・・。