収支内訳書の経費「雇人費」の入力-確定申告書等作成コーナーの使い方

 確定申告書等作成コーナーで農業用収支内訳書の「経費」の「雇人費」についての考え方と「雇人費」欄の入力の仕方をご紹介。

 確定申告書等作成コーナーの収支内訳書の「経費」の項目は21個ある。

 項目によって「リンク」をクリックしてからデータを入力して行く項目と、空欄に直接入力する項目とがあるが「雇人費」はリンクをクリックし詳細ページを開いて入力する。

[スポンサーリンク]

経費の項目の入力方法概要

0-0経費確定申告書等作成コーナー-収支内訳書・経費の項目が青字になっていて下線が引かれている項目は青い字の部分が詳細項目入力画面へのリンクになっている。

・黒い文字の項目は、空欄になっているボックスに直接金額を入力する。

・灰色の「ボックス」になっている部分は直接入力ができない。
 ラジオボタンで選択すると、項目がリンクに変わるので、リンクをクリックして別画面で詳細を入力する。

・項目が空欄になっている部分は自由に設定できる項目。
 空欄の中に項目名を付け加えて、金額部分の金額を直接入力する。

「雇人費」とは?

 「雇人費」はようはアルバイトとかを雇った場合の給料報酬を必要経費として計上する場合の項目。

 「生計を同一にする親族」の場合は通常は当てはまらない。

 賃金だけでなく交通費なども含まれる。

「雇人費」の入力

1.収支内訳書を選択。

 確定申告書等作成コーナーの白色申告の収支内訳書は「一般用」「農業所得用」「不動産所得用」の3種類に分かれている。

 それぞれの収支内訳書の開き方はこちらの過去記事を参照してね。

2.農業所得用収支内訳書の「新規入力」または「編集」ボタンをクリック。

3.「収支内訳書(農業所得用)メイン」の画面が出てくる。

4.「雇人費」の文字をクリック。

1雇人費-確定-収支内訳書-申告書等作成コーナー

5.「雇人費」の入力画面が出てくる。

2雇人費入力詳細-収支内訳書-申告書等作成コーナー

6.各項目を入力し「入力終了(次へ)」をクリック。

支給額の「現金」「現物」の注意点

 「支給額」の欄は「現金」「現物」の2項目ある。

 「現金」は賃金や交通費など現金(お金)で払った報酬。

 「現物」は「まかない(食事の供給)」「取れた農作物などを渡した」「品物を渡した」などのお金以外の報酬。

「現物」払いの注意

 「現物」での報酬があった場合で生産している農作物で支払った場合などは、収支内訳書の「経費」の欄だけでなく、「収入」の「事業消費金額」の入力も必要となる。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

住民税の基礎知識

住民税の基礎知識

住民税がかからない収入って何がある?
株式の配当と確定申告

株式の配当と確定申告

自動車の購入は確定申告でどう処理する?
災害による費用を確定申告で繰越できるケース

災害による費用を確定申告で繰越できるケース

確定申告を間違えたら

確定申告を間違えたら

月給から差し引かれる所得税の計算は結構いい加減
復興特別住民税・増税率25%の大増税

復興特別住民税・増税率25%の大増税

確定申告書等作成コーナーの使用ボタン

確定申告書等作成コーナーの使用ボタン

紙おむつの確定申告
年末調整の訂正方法

年末調整の訂正方法

農業所得の必要経費

農業所得の必要経費

住所と確定申告の提出先

住所と確定申告の提出先

失業したら、すぐに市町村役場へ行こう!住民税の減免を受けられる場合も
雑所得と事業所得どちらで申告する?

雑所得と事業所得どちらで申告する?

Menu

HOME

 TOP