日雇い労働者と労災・雇用保険

 日雇い労働者は労災や雇用保険に加入できるのか?

 日雇い労働者でも働いていたと言う実態が証明できるものがあれば、問題なく労災や雇用保険の対象にはなる。

 其れこそ日雇い手帳とか、給与明細とか。

日雇い労働者と請負の報酬には注意

 日雇いと、請負による報酬は違うのでご注意を。

 日雇いは、あくまで労働者。

 請負は事業主。

 基本的には、労災も雇用保険も労働者が対象。

 請負で報酬をもらう場合、事業主は報酬をもらう本人なので労災や雇用保険の適応にならない。

 本人が事業主(一人親方)として、労災などに特別加入していれば適応にはなるけど。

実質的に請負元の指揮監督を受けて入れば労災の対象になることもある

 契約上「請負」になっていても、実際には、請負元の指揮命令で仕事をしている・請負元に作業時間を指定拘束されているなどの場合は、労働者とみなされて、労災の対象となることもある。

事業主などには労災の特別加入

 労災の特別加入の対象となる範囲は、中小事業主等・一人親方等・特定作業従事者・海外派遣者など。

 事業主は労働者と同じ業務に従事する場合が多い。

 建設の事業などの自営業者は、労働者を雇わずに自分自身で業務に従事する。

 業務の実態は労働者と変わらない。

 ということで、労災の特別加入の対象となる。