確定申告一覧

配当控除を受けると得になる人どんな人?

配当金の税金は、基本的に源泉徴収されているので、確定申告する必要がない。が配当金の源泉徴収の税額と確定申告した場合の配当控除を受けた場合の税率が違っているので確定申告すると所得税が返って来たり、住民税が安くなる可能性がある。

記事を読む

国債・公社債の税金はどうなっている?

債券にかかわる税金は、源泉分離税・総合課税・分離課税および、償還差益に関する課税といろいろな課税方式がある様子。それぞれ、どんなものか、どのような場合に適応されるか見てみよう。

記事を読む

分配時調整外国税控除と確定申告

分配時調整外国税控除というのがある。この分配時調整外国税控除受ければ、所得税が返ってくる。でも、分配時調整外国税控除を受ける場合は、注意がいる。

記事を読む

災害や犯罪被害を受けたら雑損控除

災害や犯罪に巻き込まれて被害を受けた場合、税金の控除を受けることができる。災害や盗難などで資産に損害を受けたときの所得税の控除を雑損控除という。では、雑損控除とはどんなもの?

記事を読む

懸賞やクイズ・競馬・競輪などの賞金の税金

宝くじで当たったお金は、原則非課税。確定申告の必要もない。では、懸賞やクイズの賞金も非課税?「宝くじ」も「懸賞やクイズの賞金」も同じようなものに思われる。が、残念ながら、懸賞やクイズの賞金は「一時所得」となり、税金がかかるのだそうだ。

記事を読む

国債の利子と確定申告

国債の利子は、確定申告が必要か?基本的には、国債の利子には確定申告が必要ない。でも、国債の利子を受け取った場合、確定申告すると得になる場合もあるようだ。どんな場合なら、確定申告すると得になる?

記事を読む

サラリーマンで確定申告が必要なケース

基本的にサラリーマンは年末調整で税金額が調整されるので、確定申告の必要がない。が、確定申告しなければいけない人も存在する。サラリーマンでも一定条件に当てはまる人は確定申告をしないといけない。また、確定申告をした方が得になるという人もいる。

記事を読む

眼鏡の購入代金も医療費控除の対象となる

めがねの購入費も医療費控除の対象となる?意外に適応範囲の広い確定申告の医療費控除。メガネの購入費用は、確定申告の医療費控除の対象になるか?条件付きで医療費控除の対象になることもあるようだ。

記事を読む

人間ドックや健康診断等の費用が医療費控除の対象となるケース

本来、健康診断や人間ドッグにかかった場合、支払ったお金は医療費控除の対象にならない。が、例外がある。健康診断や人間ドッグで、病気が見つかり、治療を始めた場合、病気を見つけた健康診断や人間ドッグの費用が医療費控除の対象になる場合があるようだ。

記事を読む

農家の確定申告、白色申告の場合どんな書類が必要?

兼業農家であろうと専業農家であろうと、確定申告の必要はある。選ぶ申告書は、兼業農家なら白色申告か青色申告。青色申告の場合、農家の確定申告はちょっと大変。我が家は、白色申告なので、白色申告に限った話をしよう。

記事を読む