国債・公社債の税金はどうなっている?

 債券(国債・公社債)の利子についてちょっとお勉強。

 債券の利子には、源泉分離税・総合課税および、償還差益に関する課税といろいろな課税方式がある様子。


源泉分離課税のかかる債券

・一般的な債券。
 一律20%(所得税15%、住民税5%)。
 利子支払い時に自動的に税金が差し引かれる。
 *2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間は20.315%。
 確定申告の必要はなし。

・割引債の償還差益(発行価格と額面価格の差額)。 
 18%の税率で発行時に源泉分離課税


総合課税となる債券

・世界銀行債(国際復興開発銀行債)等国際機関が発行する円貨建て外債(デュアル・カレンシー債を含む)。

・発行済み債券を中途購入した場合
 償還差益額面価格より低い価格で購入した利付債の償還差益は、利子所得ではなく雑所得として総合課税。


?債券の譲渡益(キャピタルゲイン)に対する税金

 債券の譲渡益(売却益)は原則非課税。

 新株予約権付社債(転換社債、ワラント債)の譲渡益
 株式取引の場合と同様。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする