控除一覧

色々な控除に関する記事

住民税の生命保険・個人年金の控除は?

同じ保険料控除でも、住民税と所得税では控除額が違う。住民税の生命保険や個人年金の控除は保険料いくらまでか知ってる?住民税の「一般の生命保険料」「個人年金保険料」「個人介護医療保険料」控除の額はいったいいくらまでなんだろう?

記事を読む

お子様のアルバイトは103万円までが親も子も得になる

お子様のアルバイト収入、一体いくらあるか知ってる?普通の社会人なら良いけれど、学生やフリーターなどで、親が生活費を出しているとかの場合・・・。子供のアルバイト収入の額によっては、親も子供も税金を取られる可能性も。

記事を読む

同居してなくても血縁者でなくても扶養控除の対象となる

今日の話題は、扶養控除の対象となる相手について。なに?「親と同居してない?」「おばさんの面倒を見てるけど、それじゃダメでしょ?」大丈夫!扶養控除は赤の他人でも、同居してもいなくても控除の対象となる場合があるのだ。

記事を読む

扶養控除等(異動)申告書ABCD欄と「住民税に関する事項」-年末調整

年末調整の用紙一つ「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は、扶養について申告するための用紙で扶養がいない人でも提出はしないといけない。というわけで年末調整・扶養控除等(異動)申告書ABCD欄と「住民税に関する事項」(以前のE欄)について。

記事を読む

NO IMAGE

リダイレクト地震保険料控除の対象は『地震保険』と『旧長期損害保険契約』の2種類

年末調整で地震保険料控除を受けることもできる。ただし、これまたちょっとややこしい部分がある。でも、所得税が戻ってくるだけでなく、翌年に支払う住民税も安くなるかもしれないので、頑張って地震保険料控除を受けよう。

記事を読む

地震保険・火災保険と年末調整

火災保険や地震保険は、年末調整で保険料控除の対象になるのだろうか? 年末調整で保険料控除を受けるにはどんな書類が必要になるのだろう?年末調整で控除することができれば、所得税が戻ってくるだけでなく、住民税も少なくなる。

記事を読む

配偶者控除と配偶者特別控除

「配偶者控除」と「配偶者特別控除」似たような言葉だが、配偶者控除の対象にならない人でも配偶者特別控除は受けることができるかもしれない。配偶者に対する控除は制度が変わったり、年末調整の記載用紙名称が変わったりしている。ご注意。

記事を読む

障害者控除は障害者手帳がなくても対象となる可能性がある

障害者控除は、文字通り障害者が受けることができる控除。障碍者控除を受けることで、課税所得が減るので、所得税や住民税が安くなる。通常は、障害者手帳を持っている人が対象だが、65歳以上なら、障害者手帳がなくても障害者控除の対象となる場合がある。

記事を読む

NO IMAGE

ふるさと納税と寄付金控除どうちがうどちらがとく?

 最近流行のふるさと納税。 お得感があると評判だが、ふるさと納税も寄付金のひとつ。 では、ふるさと納税と寄付金どこがどう違う? どちらが得に...

記事を読む

外国税額控除とは何か?確定申告書等作成コーナーで控除するには?

外国税額控除どんなものなんだろう?確定申告書等作成コーナーで「外国税額控除」するにはどうしたらいいんだろう?外国税額控除は外国税をとられている外国株や投資信託の配当、売買益などについては対象になる。

記事を読む