スポンサーリンク

ふるさと納税と寄付金控除どうちがうどちらがとく?

 最近流行のふるさと納税。

 お得感があると評判だが、ふるさと納税も寄付金のひとつ。

 では、ふるさと納税と寄付金どこがどう違う?

 どちらが得になる?

ふるさと納税と寄付金どこが違う?

 ふるさと納税も寄付金のひとつだけど、ふるさと納税と通常の寄付金とはちょっと違う。

ふるさと納税とは?

 ふるさと納税は、「地方自治体への寄付」のこと。

 地方自治体というのは「都道府県・市町村区」を指す。

 地方自治体以外への寄付金はふるさと納税ではなく、単なる寄付。

ふるさと納税のほうが普通の寄付金よりお得

 ふるさと納税の場合は控除の上限額はあるが『(寄付額-2000)円』が所得税・住民税から控除される。

 要するに、実質的な寄付金額は2000円。

 地方自治体によっては「ふるさと納税のお礼」をもらえる場合があって、「ふるさと納税のお礼の品が2000円以上であれば得になる」ということ。

 控除額が同じでも、「お礼」の分だけふるさと納税したほうがほかの寄付より得になる。

ふるさと納税にも限度がある

 ふるさと納税がいくら得だといっても限度というものがある。

 ふるさと納税の得する限度は、所得やら、その他の控除やらによって違ってくる。

 例えば

 一人暮らし(扶養等の控除なし)年収500万円の人の場合、5万円ふるさと納税すると実際の自己負担は2000円ですむ。
 が、10万円ふるさと納税した場合は実際の自己負担は29094円となる。

 扶養家族などがいるとか、ほかの控除がある場合、自己負担2000円ですむふるさと納税の額は、もっと少なくなる。

*ふるさと納税の自己負担額を計算してみたい人はこちら

スポンサーリンク

シェアする

フォローする