所得税一覧

月給から差し引かれる所得税の計算は結構いい加減

職場でもらう給料から月々引かれている所得税は、『月額表………所得税法別表第二』と言うのから課税金額を出している。が、この月額表、ま、あくまで概算なのだ。なので、年末調整や確定申告で正確な所得税の額を調整するわけ。

記事を読む

懸賞やクイズ・競馬・競輪などの賞金の税金

宝くじで当たったお金は、原則非課税。確定申告の必要もない。では、懸賞やクイズの賞金も非課税?「宝くじ」も「懸賞やクイズの賞金」も同じようなものに思われる。が、残念ながら、懸賞やクイズの賞金は「一時所得」となり、税金がかかるのだそうだ。

記事を読む

宝くじの懸賞金の受け取り方-贈与税がかかったり、脱税を疑われたりしないために

今回は宝くじと税金の関係。宝くじには、住民税も所得税もかからない。これは有名な話だが、うっかりすると、とられなくていい税金を取られてしまうケースもあるらしい。注意して無駄な税金をかけられたり、税務署から疑われないようにしよう。

記事を読む

サラリーマンで確定申告が必要なケース

基本的にサラリーマンは年末調整で税金額が調整されるので、確定申告の必要がない。が、確定申告しなければいけない人も存在する。サラリーマンでも一定条件に当てはまる人は確定申告をしないといけない。また、確定申告をした方が得になるという人もいる。

記事を読む

配当控除の対象となる投資信託

投資信託の配当金も場合によっては確定申告すれば配当控除の対象となる。投資信託の配当金が配当控除の対象となるかどうかは、『外貨建て資産割合』と『非株式割合』によって違う。では、どんな投資信託が配当控除の対象になる?どんな人が得?どのくらい得?

記事を読む

同居の範囲と「生計を一にする」について

確定申告の時に、たびたび出てくるのが「同居親族」や「生計を一にする」という言葉。確定申告時の『同居』の範囲は?「生計を一にする」状態って?長期に入院しているなどの場合や老人ホームへ入居中した場合は「同居」「生計を一にする」になる?ならない?

記事を読む

マイホームの売却は10年超が所得税も住民税も絶対お得

土地や建物を売却した場合、譲渡所得といって、所有期間によって所得税・住民税の税率が違ってくる。が、マイホームに関しては、所有期間10年を超えている場合、条件次第では所得税も住民税も税率が変わることがある。つまり、所得税や住民税が安くすむ。

記事を読む

外国税額控除とは何か?確定申告書等作成コーナーで控除するには?

外国税額控除どんなものなんだろう?確定申告書等作成コーナーで「外国税額控除」するにはどうしたらいいんだろう?外国税額控除は外国税をとられている外国株や投資信託の配当、売買益などについては対象になる。

記事を読む

「配当金計算書」の配当金控除の確定申告書等作作成コーナーでの入力

株の配当金を受け取った時に同封されている「配当金計算書」の配当を総合課税にして、配当金控除を受ける際の確定申告等作成コーナーでの処理について。「配当金計算書」は、確定申告等作成コーナーでは「配当等の支払通知書」に該当するようだ。

記事を読む

所得と年収、合計所得に総所得と課税所得は全く金額は違うんだよ

混乱しがちな年収と所得。さらには合計所得額・総所得金額と課税所得。言葉は似てるけど、どう違うんだっけ?年収と所得・課税所得が違うのはわかる。でも、合計所得額・総所得金額と課税所得って違うのか?解らなくなってきたので調べてみた。

記事を読む