マイホームの売却は、10年超が所得税も住民税も絶対お得

  土地や建物を売却した場合、譲渡所得といって、所有期間によって所得税・住民税の税率が違ってくる。

 が、マイホームに関しては、所有期間10年を超えている場合、条件によっては、税率が変わることも

   所得税住民税   
 短期譲渡 譲渡した年の1月1日において所有期間が5年以下30% 9%課税短期譲渡所得金額=譲渡価額-(取得費+譲渡費用)-特別控除 
 長期譲渡 譲渡した年の1月1日において所有期間が5年を超えるもの 15% 5% 長期譲渡所得=譲渡価格-(収得費+譲渡費用)-特別控除 
 マイホームを売ったときの軽減税率の特例  家屋とともにその敷地を売り、家屋敷地ともに、所有期間10年を超えている場合 1、(土地建物を売った収入金額)-(取得費+譲渡費用)-特別控除=6000万円以下 =所得税率10%

2、(土地建物を売った収入金額)-(取得費+譲渡費用)-特別控除=6000万円以上=6000万円を越える部分15%
・6000万円以下4% 

・6000万円を越える部分5%
マイホームを売ったときの3,000万円の特別控除の特例との併用可能


 マイホームを売ったときの軽減税率の特例やマイホームを売ったときの3,000万円の特別控除の特例は『家屋とともにその敷地を売る』のが条件。


 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする