ウィークインクローゼットは通路幅に注意

 住宅メーカーのいうがままウィークインクローゼットを作ると、ものすごく、使いにくいウィークインクローゼット(WIC)になるかもしれない。

 特に1坪タイプのウィークインクローゼットの場合は、要注意。

 ウィークインクローゼットの内寸とポールの取付位置と通路幅の関係はきちんと確認しておかないと、後悔する羽目になる。

 坪単価40万円としても、1坪のウィークインクローゼットで40万円はかかっているわけだから、使いやすいように設計していただかねばならぬ。

ウィークインクローゼットのデメリットとメリット

 まずは、なぜウィークインクローゼットを作るのか?

 本当に必要あるのか?という点を考えてみるも必要かも。

ウィークインクローゼットのデメリット

 ウィークインクローゼット(WIC)のデメリットは

空間が無駄になる!

 この一言。

 ウィークインクローゼットは通路が必要になる。

 通路のないウィークインクローゼット(WIC)はウィークインクローゼット(WIC)に服を詰め込んだだけの物置。

 入れたがいいけど、取り出せない(取り出しにくい)倉庫になってしまう。

 でも、ウィークインクローゼット(WIC)にはメリットもある。

ウィークインクローゼット(WIC)のメリット

 ウィークインクローゼット(WIC)のメリットとしては

上手くウィークインクローゼット(WIC)を作れば、中で着替えや衣類の手入れができる。
収容したものがすぐにわかり、取り出しやすい。
家族全員の持ち物を一か所にまとめると管理が楽。

 他にも、間取りによって複数のクローゼットを設置できない場合などはウィークインクローゼットのほうが便利な場合もある。

服をハンガーパイプにかけるにはどのくらいの幅が必要?

 そもそも服をハンガーパイプにかけるにはどのくらいの幅が必要なのか?

ハンガーの幅が38センチから40センチ。
男性のコートやスーツをかける場合、60センチほどの幅があれば必要十分。
スラックスやスカートの場合は40センチほどの幅が必要になる。

 となると、ふつうのクローゼットなら、60センチほどの奥行があれば必要十分。

人が一人歩くにはどのくらいの幅が必要?

 人が一人歩くにはどのくらいの幅が必要になるかというと

一人でゆったり通る場合の動線は約60センチ前後のスペースが必要。
荷物をもって歩く場合は70センチ程度のスペースがあればOK。
横歩きでは最低30センチ以上の幅が必要。

1坪のウィークインクローゼットを使いやすくするには?

 一坪のウィークインクローゼットの図面を見ると、尺モジュールの場合1820×1820となっている場合が多いと思う。

 でも、これは、柱の中心から中心までの数字。

 内寸は165×165センチ程度。

 住宅メーカー(特に規格型住宅)の1坪タイプのウィークインクローゼットの場合、通路幅などは考えられていないこともあるようで・・・。

 住宅メーカーにパイプ位置を聞いたところ「壁から45センチ」という答えが返ってきた。

 両方のパイプとも壁から45センチの位置にあって1坪ということは、通路になる幅は15センチ程度。

 まさに、形だけのWIC!

 でも、工夫次第では、1坪でも使いやすいウィークインクローゼットはできると思う。

 例えば

上着とスカート・スラックスの掛けるハンガーパイプを分ける

 上着は掛け幅60センチ、スカート・スラックスの掛け幅は40センチあればよい。

 なので、片側のハンガーパイプを壁から30センチ、もう一方を壁から20センチの位置につけると、通路幅60センチ以上取ることができる。

1坪のウォークインクローゼット

[1坪のウォークインクローゼット]

 あるいは

ハンガーパイプは一方の壁だけにつけ、反対の壁はオープン棚をつける。

 ハンガーパイプを一方の壁につけ、反対の壁はオープン棚をつけると、通路幅を70センチ以上とることもできる。

 でも、畳んで棚に入れるのが面倒な人には不向きだけど。

理想的にはウィークインクローゼットの広さは?

 欲を言えば、ウィークインクローゼットは内寸で190センチ×190センチあると、使い勝手が良いと思う。

 ハンガーを両側の壁側につけて、60×2=120センチ。

 通路幅が70センチとれる計算になる。

 坪数で言えば、1.2から1.5坪程度になるかな。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする