地盤改良には思わぬデメリットが地盤改良は必要か不必要か

 地盤が弱いと建物の重さを地面が支えきれず、建物が傾きが起きたり、窓やドアが開きづらくなったり基礎や外壁にひびが入ったりする。

 お金をかけて、耐震対策をしても、肝心の地盤が弱ければ、あまり意味がない。

 で、行われるのが地盤改良。

 でも、この地盤改良、本当に必要か?デメリットはないんだろうか?

地盤改良すると土地の価値が下がる?

 地盤改良したのに土地の資産価値が下がるってこれいかに?

 理由は地中に埋まっているもの(地盤改良のため打ち込んだ杭)を撤去しなくてはならなくなる可能性があるから。

 2003年1月1日から不動産鑑定評価基準が改正され、地中の埋設物も土地履歴として残るようになった。

 地盤改良のために打ち込んだセメント杭はマイナス評価になり、将来の撤去費用が発生したり、土地そのものの地価のマイナス要素として判断される。

土地の価値の下がりにくい地盤改良もある

 地盤改良の方法はたくさんあるらしい。 

 地面に杭を打つ方法や土にセメントを混ぜる方法・地面をすべて入れ替える方法などもある。

 地盤改良方法としてよく利用されるのが、セメントや鋼管の杭。

 セメントや鋼管の杭将来土地の売却を行うとき埋設物(産業廃棄物)として取り扱われる。

 砕石や木の杭を利用したものは撤去の必要がない。

 撤去の必要性がなければ、土地の価値も維持される。

 でも、基本的に、セメントの杭や鋼管の杭のほうが安上がりらしく、特にセメントの杭を売ったり、注入したりする方法が取れれることが多いみたいだ。

地盤改良をしたのに地盤事故?

 地盤改良をしたのに建物に支障が出たなんていう地盤事故は1,000件に7件以上も発生しているんだそうだ。

 建物の構造や地盤の状態をみて最適な地盤改良がおこなわれず、地盤改良工事会社が「得意な工法」で地盤改良をしてしまって、効果が出ない。

 なんてケースもあるらしい。

 逆に実際には改良が必要にも関わらず「工事不要」と判断されて、地盤改良をしなかった。

 なんてことも。

そもそも地盤改良が必要ないケースもある?

 地盤調査をして、「地盤改良の必要がない」と判定されたら、地盤改良はしないほうがよさそうだ。

 余計なお金を必要のないものにかける必要はないし。

 お金をかけて、価値を下げるなんて馬鹿げている。

 でも、地盤調査をして、「地盤改良の必要がない」と判定されても、100%大丈夫な地盤と言い切れないのが難しいところ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする