年末調整・会社から渡される書類は?

 年末調整の書類書き方が面倒くさい。

 いや、実は単純なのだが、とにかく、なんとなく面倒。

?今日は、会社から渡される年末調整の書類について、どんなものがあるか見てみよう。

年末調整で会社から渡される書類の種類

・平成25年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

・平成26年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

・平成25年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書

平成25年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

・扶養控除を行うための用紙。

・平成24年に事前提出してある場合が大半。

・提出した家族関係に変更がある場合に訂正して提出。

・変更がある場合は「異動月日及び事由」の欄に理由を書いて提出。

・扶養関係に変更がない場合はそのまま会社に返却する。

・扶養関係に関しては、平成25年12月31時点での情報を書く。

・会社によっては25年のは会社が持ったままで、26年のしか配布されてない場合も多い。
 この場合、給与担当者に変更があることを申し出る。
 会社によっては、家族の変更があった都度所定の書類を提出させているケースもある。

平成26年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

・来年の給与計算&年末調整で使用するもの。

・26年1月の給与支給日までに提出すればいいが、年明け全員に用紙配って回収して、となると会社も本人も面倒なので、年末調整の時点で配られる場合が多い。

・書き込む内容としては、訂正した25年度分の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書とほぼ同様。

・家族の収入については、26年にどの程度の収入があるか予想して記入する。

平成25年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書

・本人が支払った社会保険料( 年金保険料、 健康保険料 、介護保険料)、家族分であっても本人が支払ったものは対象になる。

・個人保険料の控除、家族分であっても本人が支払ったものは対象になる。

・小規模企業共済等掛金控除(独立行政法人中小企業基盤整備機構の共済契約の掛金 、確定拠出年金、心身障害者扶養共済制度に関する契約の掛金 )を受ける場合。

・配偶者特別控除を受ける場合。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする