減価償却のひとつ一括償却になる資産ってどれ?

 自営業やサラリーマンでも一定額以上の給与以外の収入があった場合、確定申告しなければいけない。

 自営業やサラリーマンの副業について回るのが、減価償却。

 減価償却にもいろいろあって、一括償却も減価償却の一つだ。

一括償却ってどんなもの?

 「取得価額10万円以上20万円未満の資産」は一括償却と通常の「減価償却」を選択できる。

 通常の減価償却の場合、耐用年数に応じて減価償却費を毎年計上する。

 「一括償却」の場合、3年間で均等償却する。

一括償却の方法

  • 対象額×1/3=一年間の償却額。
  • 3年間で同額ずつ償却する。

一括償却の注意点

  • 白色申告者でも適用可能。
  • 3年間の間に滅失・除却・譲渡した場合でも、3年間の均等償却となる。
  • 一括償却資産は「償却資産」の課税対象とならない。

 似たようなもので、『少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入の特例』と言うのもある。

 『少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入の特例』は青色申告者が対象で、 対象は30万円未満の減価償却資産。