購入金額別で考えよう費用になる?減価償却する?

 例えばパソコンを買ったとしよう。

 このパソコン(車でも机でもいいが)、確定申告の時には、費用となるか?それとも減価償却となるか?

購入金額が10万円未満の場合

 購入金額が10万円未満の場合

  • 「費用」にしてもよい。
  • 「一括償却」にしてもOK。
  • 通常の「減価償却」でもOK。
  • 青色申告なら「少額減価償却」でもOK。

購入金額が10万円以上20万円未満の場合

 購入金額が10万円以上20万円未満の場合は

  • 「費用」にしてはだめ。
  • 「一括償却」はOK。
  • 通常の「減価償却」でもOK。
  • 青色申告なら「少額減価償却」でもOK。

購入金額が20万円以上30万円未満の場合

  • 「費用」にしてはだめ。
  • 「一括償却」もダメ。
  • 通常の「減価償却」はOK。
  • 青色申告なら「少額減価償却」でもOK。

購入金額が30万円以上の場合

  • 「費用」にしてはだめ。
  • 「一括償却」もダメ。
  • 通常の「減価償却」はOK。
  • 青色申告でも「少額減価償却」はダメ。

節税目的で選ぶ購入資産の処理

 税金を安くするなら、どの処理を選べばよいのだろうか?

購入金額が10万円未満の場合

 税金をおさえるなら費用として処理する。 

購入金額が10万円以上20万円未満の場合 

 税金をおさえるなら、青色申告なら「少額減価償却資産」、白色申告は「一括償却資産」として処理する。

購入金額が20万円以上30万円未満の場合

 青色申告なら、「少額減価償却資産」。

購入金額が30万円以上の場合 

 固定資産税が掛かるけど、通常の減価償却資産ということになる。

 なので、耐用年数と所有期間によって減価償却する。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする