公的年金以外の所得が20万円以下なら、確定申告の必要が無くなった

  『平成23年度から公的年金等に係る雑所得を有する居住者で、その年中の公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつ、その年分の公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には確定申告の必要はありません。』


 と言うパンフレットを税務署からもらってきた。


 どういうことかというと・・・。


1、厚生年金などの公的な年金の収入が400万円以下の人が対象。

2、年金以外の所得金額(収入から経費・基礎控除などの控除額を引いた分)が20万円以下の人


 1、2の条件をクリアできる人に関しては確定申告の必要は無く、住民税の申告だけでいい。


 と言う話。


 なんだか、メリットが無いような話。

 所詮、住民税の申告はやらなきゃならないし・・・。


 管理人の実家のように『年金+他の収入』のある場合は、収支内訳書なりをどっち道作んないと計算できないし。


 手間が省けるのは、国税局だけ・・・。


 ちなみに、上の条件に合う人でも別に確定申告してもかまわないんだそうだ。


 ただしe-Taxで計算しようとしても、差し引き金額はゼロのままの表示しかされない。


 去年は、-表示が出てたんだけど・・・。



 結構二重手間だったりして・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする