働いていると老齢年金が減らされる?

 「働くと(老齢)年金が減額される?」なんて話を時々聞くんだけど、これってほんとかな?

老齢年金もいろいろ

 老齢年金といっても様々。

 「老齢基礎年金」「老齢厚生年金」などがある。

 「老齢基礎年金」は年金保険料を一定期間以上収めていれば65歳になれば受け取ることができる老齢年金。

 「老齢厚生年金」はサラリーマンなどが受け取ることができる老齢年金。 「老齢厚生年金」は「定額部分(老齢基礎年金に該当する)」「報酬比例部分」「加給年金額」の3階建て。

 「老齢厚生年金」「老齢基礎年金」とも原則的に65歳からの支給だが、60歳から繰上げで受給したり、70歳まで受給を遅らせて(繰り下げ)受給することができる。

 「老齢厚生年金」の場合、生年月日によって61〜64歳に達したときから「報酬比例部分」の年金が特別支給の老齢厚生年金として支給される場合がある。 

働いたら年金カット?「在職老齢年金」

 老齢厚生年金を受給しながら就労して報酬を得て、厚生年金被保険者となっている場合には「在職老齢年金」というのが適応される。

65歳未満で在職し「在職老齢年金」の対象となっている場合

 65歳未満で在職し「在職老齢年金」の対象となっている場合は、基本月額(加給年金額を除いた特別支給の老齢厚生年金の月額)と総報酬月額相当額((その月の標準報酬月額)+(直近1年間の標準賞与額の合計)÷12)の合計額が 28万円以下の場合 老齢年金は全額支給される。

 大雑把に言えば、年金月額+給与月額+前年度のボーナス÷12=28万円以下の場合、年金カットは行われない。

65歳以上で在職し「在職老齢年金」の対象となっている場合

 65歳以上で在職し「在職老齢年金」の対象となっている場合は、基本月額と総報酬月額相当額と合計が47万円以下の場合 、老齢年金は全額支給される。

 ま、いずれにしてもおいらの年収じゃ、働いても年金はカットされないと思う。

 現状ではね。

 おいらが老齢年金もらえるころには、どうなっているかわからないけど。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする