9月の国債「個人向け国債」「利付国債(利付国庫債券)」どちらがとく?

 国債といっても、個人向け国債だけが国債じゃない。

 個人で購入できる国債には個人向け国債以外にも「利付国債(利付国庫債券)」なんてのもある。

 「利付国債(利付国庫債券)」の保有期限は2年5年10年の3種類。

 2年5年10年もの「利付国債(利付国庫債券)」はいずれも固定金利だ。

 個人向け国債の場合は3年5年10年とあり、そのうちの3年5年ものの個人向け国債が固定金利。

 10年もの個人向け国債が変動金利となる。

 5年もの10年もの「個人向け国債」「利付国債(利付国庫債券)」を比較してみよう。

5年もの国債募集期間

個人向け国債5年もの(固定金利)募集期間

平成26年9月4日(木)~平成26年9月30日(火)

*証券会社によって実際の募集期間に違いがある。

利付国債5年もの(利付国庫債券・固定金利)募集期間

平成26年9月17日(水)~9月29日(月)

国債5年もの金利

個人向け国債5年もの(固定金利)

年 0.12%(税引後:年 0.095%)

利付国債5年もの(利付国庫債券・固定金利)

年0.120%(税引後 年0.080%)*応募者利回り。

5年もの国債に証券会社のキャンペーンを加味して比較すると?

 5年もの国債の場合、応募者利回りで見ると個人向け国債のほうがすでに利付国債を上回っている。

 また、個人向け国債には購入キャンペーンを行っている証券会社がいくつかある。

 その中でもキャッシュバック金額が大きい大和証券の個人向け国債キャンペーンを加味してみる。

 大和証券の個人向け国債購入キャンペーンは100万円で3000円のキャッシュバックが付く。

 100万円の個人向け国債を購入した場合の金利が0.06%+0.12%=0.18%(税引き前)。

 5年もの国債を購入するなら、個人向け国債を購入したほうがお得な計算になる。

10年もの国債募集期間

個人向け国債10年もの(変動金利)

平成26年9月4日(木)~9月30日(火)

*証券会社によって実際の募集期間に違いがある。

利付国債10年もの(利付国庫債券・固定金利)

平成26年9月5日 ~ 9月29日

国債10年もの金利

個人向け国債10年もの(変動金利)

初回利率0.34%(税引き後0.2709290%)

利付国債10年もの(利付国庫債券・固定金利)

年0.475%(税引後 年0.374%)

利付国債10年もの(利付国庫債券・固定金利)

平成26年9月5日 ~ 9月29日

10年もの国債金利

個人向け国債10年もの(変動金利)

初回利率0.34%(税引き後0.2709290%)

利付国債10年もの(利付国庫債券・固定金利)

年0.475%(税引後 年0.374%)

10年もの国債の注意点

 10年もの国債の場合は、個人向け国債は半年後との変動金利。

 利付国債(利付国庫債券)は固定金利なので、一概に比較できないのが難しいところ。

 今後10年間低金利が続くと思えば、利付国債(利付国庫債券)を購入。

 今後10年間で金利が上昇すると思えば個人向け10年ものがお得。

 今後10年間、今の金利情勢で国債金利が推移して行くとしたら、キャンペーンを加味しても個人向け国債よりは利付国債(利付国庫債券)のほうがお得だ。

 金利が上昇して行くなら個人向け国債が断然お得ということになる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする