協会けんぽ(旧政府管掌健康保険)一覧

退職後の健康保険は国保が得か任意継続が得か

健康保険は会社に勤めているときは、規定の保険料率で保険料は会社と労働者の折半。会社を辞めると、国民健康保険か任意継続の保険に入ることになる。場合によっては、国民健康保険料より、健康保険の任意継続のほうが保険料が安く上がるかもしれない。

記事を読む

国民健康保険と全国健康保険協会の健康保険の給付内容の違い

国民健康保険と、一般のサラリーマンが加入している全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険の給付内容はどう違う? 国民健康保険でも協会けんぽでも、病院にかかったときの自己負担は3割と変わりがない。 じゃあ違いは何?

記事を読む

健康保険の傷病手当金・入社1年に満たない場合は?

Aさんは会社入社後1年もしないうちに、病気になってしまい休職することになった。健康保険の傷病手当金はもらえるのか?このまま退職したらどうなる?

記事を読む

使えるお金がないと病気休職もできないかも

無理に仕事をするより休職。傷病手当金がある。でも、手元に数か月分の生活費となるお金がないと休職できないかも。傷病手当金は休職中の収入保障として健康保険から給付されるのだが、手元に来るまで時間がかかる。結局、休職するには半年分位の生活費がいる。

記事を読む

全国健康保険協会(協会健保)の保険給付はどんなもの?

一般的なサラリーマンの入ってる協会健保。どのあたりが、国民健康保険と違うの?「出産に関する給付」「被扶養者に関する給付」などが、国民健康保険より協会けんぽのほうが手厚くなっている。概要だけでも知っておくと得かもしれない。

記事を読む

健康保険の出産や産休中の給付は会社勤めの女性のほうが断然有利

健康保険の出産給付金について調べてみよう。健康保険の出産給付金といっても、自営業の女性が入る「国民健康保険」と会社勤めの女性の加入する「協会けんぽなどの健康保険」では出産・育児の給付金の種類に差がある。

記事を読む

専業主婦(主夫)は離婚後の健康保険の切り替えを忘れずに

 サラリーマンの専業主婦(主夫)の場合離婚後の国民健康保険への手続きがちょっと複雑だ。  この手続きをきちんとしないと、いざというとき...

記事を読む

40歳以上65歳未満の人の介護保険料の算出方法

 40歳以上の人が徴収されている介護保険料。  65歳以上の人の介護保険料は市町村ごとの基準額×所得に応じた割合。  では、40歳以...

記事を読む

家族の健康保険の扶養(被扶養者)になるための条件

健康保険の扶養家族になる。これが一番お金がかからない。同居していない家族でも扶養になれる場合もある。退職したら、家族の健康保険の扶養に入りたいものだが、健康保険の扶養家族になるためには、色々と条件がある。協会けんぽの例を見てみよう。

記事を読む