控除一覧

障害者控除は障害者手帳がなくても対象となる可能性がある

障害者控除は、文字通り障害者が受けることができる控除。障碍者控除を受けることで、課税所得が減るので、所得税や住民税が安くなる。通常は、障害者手帳を持っている人が対象だが、65歳以上なら、障害者手帳がなくても障害者控除の対象となる場合がある。

記事を読む

外国税額控除とは何か?確定申告書等作成コーナーで控除するには?

外国税額控除どんなものなんだろう?確定申告書等作成コーナーで「外国税額控除」するにはどうしたらいいんだろう?外国税額控除は外国税をとられている外国株や投資信託の配当、売買益などについては対象になる。

記事を読む

「配当金計算書」の配当金控除の確定申告書等作作成コーナーでの入力

株の配当金を受け取った時に同封されている「配当金計算書」の配当を総合課税にして、配当金控除を受ける際の確定申告等作成コーナーでの処理について。「配当金計算書」は、確定申告等作成コーナーでは「配当等の支払通知書」に該当するようだ。

記事を読む

NO IMAGE

医療費控除の対象となるものは意外なほど沢山ある

医療費控除は1月1日から12月31日までにかかった医療費が一定額を超えた場合に所得から控除するもの。確定申告で医療費控除を受けると、所得税が帰ってくるだけでなく、来年の住民税にも関係してくる(住民税が安くなる)。

記事を読む

NO IMAGE

医療費控除をあきらめるな!あなたも対象になるかもしれない

「確定申告なんか関係ないもん!」というそこのあなた。ちょっとまった!もしかすると「医療費控除」の対象になるかもしれない。「医療費控除は10万円以上でしょ。関係ない」いや、関係あるかも「医療費控除」。読んでみてから判断しておくれ。

記事を読む

サラリーマンのにも必要経費は認められる-給与所得控除と特定支出控除

サラリーマンは、必要経費が計上でき無いからつまらない。と嘆いているサラリーマン、OLの皆さん。ちゃんとサラリーマンも必要経費が計上されている。もらった給与収入に応じて、給与所得控除という控除があるのだ。また、特定支出控除というのもあるよ。

記事を読む

年末調整で住宅ローン減税を受けるためには?

俗に言う住宅ローン減税は1年目は確定申告が必要だが、2年目以降なら年末調整するだけで所得税が安くなる。住宅ローン減税とよく聞くけど、正式には、「住宅借入金等特別控除」という。

記事を読む

医療保険と確定申告と高額療養費の関係は?

 医療保険や生命保険の入院特約などでもらったお金、確定申告や高額療養費のときは、どういう扱いになるんだろう?  医療保険や生命保険の入...

記事を読む

年金にも所得税はかかるのだ

 年金収入は所得税上は雑所得だ。 不動産収入・農業収入・給料・事業所得以外の所得も雑所得。 でも、ほかの雑所得と違い公的年金には、控除が付く...

記事を読む

NO IMAGE

紙おむつの確定申告

 介護を受けている家族がいる場合、紙おむつ代も確定申告の医療費控除の対象になるケースがある。 紙おむつ代が医療費控除の対象となる条件  ...

記事を読む