口座残高の不足でクレジットカードの支払いができなかった場合の流れ

 クレジットカードの支払い代金の引き落とし、通常は銀行口座から自動的に引き落としがされる。

 が、もし、口座に残高が足りなくて、引き落としができなかったら、どうなると思う?

口座残高の不足でクレジットカードの支払いができなかった場合の流れ

・引き落とし日に口座残高が支払い金額に1円でも満たない場合は、引き落としが実行されない。

・引き落としできなかった支払い金額は、再度引き落とし、もしくは振込やコンビニ払いで支払う。

 大抵のカード会社は引き落としがされなかった口座を対象に、数日後に「再度引き落とし」を実行する。
 その際に残高が足りていれば無事支払いは完了。

 カード会社によっては、再度引き落としを行わない会社もある。
 その際には振込やコンビニ払いなどで延滞していた金額を支払う。
 延滞分の対応は、まずは郵送で案内くる場合が多い。

 管理人がセゾンカードを使っていたころは、口座引き落としができないとカード会社から電話がかかってきて、『○○日までにお近くのセゾンカウンターでお支払いください。』なんてこともあった。

・常習者でなければ、口座引き落としができなくてもすぐにカード利用の停止をされる場合は少ない。

・カードの利用代金の支払いが一定期間中にできないと延滞金(遅延損害金)が発生する場合もある。

カード利用料金の口座引き落としができないなどを繰り返した場合

・『カード利用の停止』処置がされる。

 この場合、支払いが終わるまではカードを利用できない。

・「遅延損害金」が発生し余計なお金がかかる。

・個人信用情報センターと呼ばれる第三者機関に延滞の記録が残ってしまうと他のカード会社や金融機関がその記録を見ることができるため、ローンを組めなくなったり、カードを作れなくなったりする。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする