キャッシュカードのICチップがATMで認識されなくなったら

 ATMで銀行のキャッシュカードを使おうとしたら『ICチップが読み取れません』の表示がでた。

 がーん、ショック!

 ICチップって、情報がいっぱい入っているのはいいけど、ある程度壊れたりするもんだし。

 キャッシュカードの再発行手続きをしないと駄目かな?

 あきらめきれず、ICチップをめがねふきで軽く拭いてサイドATMに挿入。

 ちゃんとATMはICチップを読み込んでくれた。

 雨降りだったし、汚れか、水分でもICチップについていて、読み取れなくなっていたらしい。

 ICチップが汚れているとそれだけで、ATMなどで読み取ってくれなくなるときがあるらしい。

 じゃあ、ICチップをきれいにする方法は?

キャッシュカードのICチップが認識されなくなったら

・めがねクロスやわらかい布でICチップを拭く。

・固く絞った濡れた布でICチップをふき取り、その後、よく乾かす。

・除光液をつけた布で軽くふき取って、油汚れを落とす。

*できれば、静電気をじぶんの体から抜いてから(金属を触ったりする)のほうがいいです。

 ま、ICチップつきのキャッシュカードの再発行には、お金がかかることが多いし、だめもとで試してみて。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする