ボーナスは、ためる・使うが大前提

 ボーナスは、ためる使うが大前提なのだ!

 幸いにもボーナスが出た人、おめでとうございます。

 世間様では、『ボーナスが増えたって人が4割』とか言われているけど、残り6割は、ボーナスが出ないか、同じ額か、減ったって人だ。

 だから、ボーナスが出ただけでも、『おめでたい』のである。

 さて、そのボーナスどうする?

 『当然貯蓄!』って人、お見事!

 『使っちゃえ』って人それもまあいい。

 『生活費の赤字補充』これはだめ・・・・。

 ボーナスは、ためる・使うが大前提!

年収の半年分の貯金がない人は?

 いつリストラされるかわからない世の中だ。

 収入の半年分はすぐ使える商品で貯蓄しておきたいもの。

 まだ、年収の半年分をためていないって人は、ボーナスの半分以上は貯蓄に回そう。

 ものは、ネットバンクの普通預金、郵貯銀行やJAバンク、地銀都銀の定期預金で、中途解約しても大丈夫なもの。

 年収の半年分は、いざとなったときの緊急費用だ。

 金利は、あまり考えないほうがいい。

 とにかく、年収の半年分は、すぐに使える金融商品でためるのが先。

年収の半年分の貯金がある人は?

 ボーナスは自分へのご褒美の意味もある。

 年収の半年以上の貯蓄がある人は、ボーナスの1/3から1/2くらいは、自分へのご褒美に使ってもいいと思う。

 できれば1/3位は自分へのご褒美につかって、残りの1/3は定期預金などの元本が保証されるもので運用するのがベター。

1/3は貯金、1/3は自分へのご褒美、では残りは?

 残りの1/3のボーナスどうする?

 ローンの残金がある人は、ローンの支払いに当てたほうが、下手な金融商品で運用するよりお得だ。

 ローンなどがない人は、残り1/3で株や投資信託・外貨投資などで資産運用するもよし、堅実に元本保証の金融商品でためるのもよいと思う。

 ちなみに、緊急用の貯蓄がない人(年収の半年分のお金)は、ローンの返済より、年収の半年分のお金をためるのが先!

 貯蓄がないのにローン返済を優先して、ある日、会社を辞める羽目に陥ったら目も当てられません。

 世の中何があるかわからないからねえ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする