マスクの上下表裏の区別の仕方

 コロナ騒ぎで、マスクをしている人をたくさんみかける。

 ところで、そのマスク、表と裏、上下区別がついている?

 市販のマスクにも表と裏、上下があるんだ。

 とても簡単にマスクの表と裏を判断する方法があるよ。

マスクをつけたとき「OUT」の文字が見えるほうが外側

 市販の不織布のマスクの場合、マスクの隅のほうに「OUT」という文字が押されている。

 この場合、「OUT」の文字が読めるようにつける。

 要するに、「OUT」の文字が見えるほうが外側。

 「内側」の文字が入っている場合は「うちがわ」と読めるほうが内側。

 文字が入っていない場合は、ワイヤーとひだの向きで判断する。

マスクの上下は?

 ワイヤーが入っているマスクの場合、ワイヤーが入っているのが上。

 また、ひだが折りたたまれているマスクの場合、オリコミのひだが下向きになるようにつけるのが正しいつけ方。

 ただし、上下でひだが別方向に開くタイプもあるので、まあ、ワイヤーで判断するのが一番かな?

表裏上下を間違えてマスクをつけた場合のデメリット

 マスクをつけるときに「OUT」の文字が読み取れるようにつけるのが正しいマスクのつけ方。

 ひだは下向きにつけるのが正しい。

 でも、表裏を間違えてつけても、マスクとしての機能にそれほど問題ない。

 ただし、上下は別。

 市販の不織布のマスクは上にワイヤーが入っているものが多い。

 大事なのは、このワイヤー。

正しいマスクのつけ方は?

 マスクの正しいつけ方は、とにかく、鼻と口をきちんと覆うこと。

 できるだけ顔に密着させること。

マスクを付けたら、鼻から口までマスクのひだを伸ばして覆う

ワイヤーを鼻に沿わせて形を整える

マスクをつけたら、最後に両手でマスクの上からほほに向かって押さえて密着させる

スポンサーリンク

シェアする

フォローする