香典返しは何が良い?

 悩ましい香典返し。

 そろそろ考えないといけない。

 香典の1/2から1/3といわれてもなあ。

 それぞれ、好みもあろうし。

 タブーもあるし。

香典返しにふさわしいといわれている品物

 一般的には

香典返しの品物は後に残らない食品や、すぐに使ってしまう日用品など

 が良いらしい。

 具体的には「お茶・コーヒー」「砂糖」「ノリ」「菓子」「石鹸」「洗剤」「タオル」など。

 でも、今は、洗剤一つとっても、各家庭好みがあるし、タオルばかり一杯もらっても困る…。

香典返しにふさわしくない品物

 逆に、香典返しにふさわしくないのは

「肉」「魚」
慶事を連想させるもの(「お酒」、「昆布」、「かつお節」、「花」など)

故人をしのばせるものは

 お肉や魚、お酒など、通常香典返しにふさわしくない。

 といわれている品物でも、「故人が好きだったもの」「思い出の品物」などは、香典返しにしてもまあ、大丈夫。

 ただし、添え書きで、

 「誠に勝手ながら、故人が生前、好きだった●●をお送りさせていただきました。少しでも故人を偲んでもらえればと思います」

 といったような言葉を書けばよいと思う。

カタログギフトなら肉や魚が入っていても相手が自由に選べる

 正直言って、お祝いとか、香典返しとか、品物でもらっても、「趣味に合わない」「好きじゃない」「家に沢山あって」という場合も多いと思う。

 こうなってくると、せっかく選んだものが「ちょっと迷惑なもの」になってしまう。

 で、今回利用したのが「カタログギフト」。

 カタログギフトなら、カタログの中から好きなものを相手に選んでもらえる。

 値段も、ある程度幅をとることができる。

 今回は、カタログギフトにすることにした。

カタログギフトのメリット

 カタログギフトにはいろいろとメリットがある。

カタログの中から好きなものを相手に選んでもらえる。
のしや礼状が付属している
礼状の文面を、「規定のもの」「オリジナルのもの」と選択できる
複数の人に同じカタログを送ることができて面倒がない
ネットで購入し、直接相手方に贈ることができる
ギフトの値段より、カタログギフトのほうが安い場合があり、相手に予算以上のものを送ることができる

カタログギフトのデメリット

 カタログギフトのデメリットとというと

送られた相手が、何を受け取るか悩む場合がある

 といったところ。

 でもまあ、もらって困るものを差し上げるより、ご自分で選んでいただくのが一番。


 


 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする