今日のニュースはツッコミどころ満載

 今日のニュースをTVで見ていたら、なんだ突っ込みどころが満載。

 一つは「吉野家」のお偉いさんの話。

 もう一つは「壁ドン」。

 どちらも根本にあるのは、同じ考え方のような気がする。

吉野家ニュース

 「田舎から出てきた右も左も分からない女の子を無垢・生娘のうちに牛丼中毒にする。男に高い飯を奢ってもらえるようになれば、(牛丼は)絶対食べない」

 という発言を吉野家の常務取締役企画本部長が講師として登壇した早稲田大学講座のマーケティングの講義でしたそうだ。

 「無垢・生娘」って何?

 「男に高い飯を奢ってもらえるようになれば、(牛丼は)絶対食べない」ってなんだよ。

 「田舎から出てきた右も左も分からない」って今時ない。

 というか、そもそも、吉野家の牛丼食べない。

 いまいち、吉野家は女性一人で入れる雰囲気じゃないし。

 はじめは、何かの話の一部分が誇張されているのかと思ったが、どうも本気で、話した様子。

恋愛支援のために教育に「壁ドン」

 こちらは、天下の内閣府。

 内閣府の研究会で「恋愛支援のために教育に「壁ドン」を組み込んではどうか」と発言があった。

 しかも、その研究会、内閣府・男女共同参画局が主催する「人生100年時代の結婚と家族に関する研究会(第11回)」だ。

内閣府・男女共同参画局が主催する「人生100年時代の結婚と家族に関する研究会(第11回)」の報告書の一部

内閣府・男女共同参画局が主催する「人生100年時代の結婚と家族に関する研究会(第11回)」の報告書の一部

 ↑の画像をクリックすると、全文読める。

 しかし、これをまじめに議論して、しかも、公開するかな。

「男女共同参画局が主催」というのがなんというか。

 壁ドンは相手に威圧感を与え逃げ場を奪うことから、デートDVチェックリストの項目に入っている。

 職場でやったらパワハラだ。

 好意を持っている相手にされるなら、まあ、いいかもしれないが、なんとも思っていない相手に壁ドンされたら、その相手には2度と近寄りたくないだろう。

根本的にある考え方は

 吉野家の「女の子を無垢・生娘のうちに牛丼中毒にする。」発言も、内閣府研究会の「恋愛支援のために教育に「壁ドン」を組み込んではどうか」発言も、女性心理を無視した、男性上位の考え方のような気がする。

 というか、内閣府のほうは少女漫画の読みすぎ?

 こんなこと議論する前に「シングルマザーでも子供を育てられる施策」とか「正しい性教育を教育現場で」とか議論しようよ。

スポンサーリンク

フォローする