保険料控除が今年から変わるよ

 確定申告は終わったけど、来年の注意点をおひとつ。

 サラリーマンの数少ない控除のひとつ、生命保険や個人年金の控除が2012年から変更される。


 住民税の場合は、2013年の住民税分からだけど。


 根本的に、2012年の所得で住民税も決定されるので、控除としては、2012年分の所得の申請から。


2012年分の税金控除の変更点

所得税

 ・現行→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の適用限度額は、それぞれ最大5万円、合計で10万円まで。

 ・2012年→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」に加え、「介護医療保険料控除」それぞれ最大4万円、合計で12万円まで。



住民税


 ・現行→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の適用限度額は、それぞれ最大3.5万円、合計で7万円まで。

 ・2012年の所得からの控除→「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」に加え、「介護医療保険料控除」それぞれ最大2.8万円、合計7万円まで。


 要するに、所得税の場合、トータルの控除額は、増えるが、今までの「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の控除額は減る。

 住民税の場合、「一般生命保険料控除」・「個人年金保険料控除」の控除額が減り、その分介護医療保険料控除がつき、とーらるの控除額は変わらない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする