減価償却は収得日にご注意

  減価償却は、減価償却するものの収得日時によって、償却方法が違う。



 基準は平成19年3月。


 平成19年3月までに収得したものは、昔の償却率。


 平成19年4月以降に収得したものは現在の償却率で計算する。




 収支内訳書の記入方法も違っている。


 旧償却率で計算する平成19年3月以前の収得物に関しては、前年度の未償却分を『償却基準の金額』に記載する。


 平成19年4月以降の拾得物に関しては、収得価格が償却の基準額になる。

減価償却資産の名称等面積又は数量 収得年月日 取得価額
(償却保証額)  
償却の基礎になる金額 償却方法 耐用年数 償却率 本年中の償却期間 本年分の普通償却費 特 別 償却費 本年分の償却費計 事業専用割合 本年分の必要経費算入額 未償却 残 高 
  平成19年3月 前年度の未償却残高  旧定額又は旧定率法          
 平成19年4月  収得価格 定額又は定率法          


 定率法は届出が出されている人が適応されるので、特に届けを出していなければ、新旧の定額法になる。

 お間違いなく。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする