管理人は見た!あきれた生活保護受給者の例

  福祉事務所から送られてくる扶養照会、経済状態など書きたくなければかかなくて良い、そして、援助できなければ『援助できない』と書いて送り返せばいい。

 管理人が知ってる例で、こんなのがある。

あきれた生活保護受給者の例

1.Aはアル中で、定職についていない。

2.Aはもともと親にワンルームマンションを買ってもらっていて、これは、Aの名義。

3.Aは親に自分名義のマンションを売って、売却代金の一部で、生活保護の基準額よりも家賃が高いマンションに入居。

4.Aは生活保護を申請。

5.Aの親は扶養照会で『援助できない』と返答。

6.Aは、生活保護を受給、家賃の差額は、こっそりと親が援助。

 どう考えても、理不尽だ!

 が、しかし、こんな例もある。

 あきれた話だが・・・。

ばれたら不正受給

 もちろん、親が家賃の差額を援助しているなんてことがばれたら、おそらく、生活保護給付の不正受給。

 で、生活保護の受給はとめられるんだろうけど。

 下手すると、今まで受給していた分の返還とかも求められると思う。

 Aが今も生活保護を受けているのかは不明だ。