コンビニATMから他行振込みが無料でできるみずほ銀行・みずほマイレージクラブ

 ATMからの他行振込み手数料無料になる銀行なんてのもある。

 大和ネクスト銀行や住信SBIネット銀行の振り込み手数料無料特典は、インターネットバンキングからの振込みが条件。


 世の中には『インターネットバンキングでの振り込みは不安』って人もたくさんいるんだろうから、今回はATMからの振り込み手数料が無料になるみずほ銀行のサービスをご紹介。

 しかも、みずほ銀行からの他行振込みだけでなく、コンビニATMを利用した他行振込みの手数料も無料

 さらに、ATMの取引手数料が24時間無料になる。



 残念ながら、みずほ銀行の場合、無条件で特典を受けられると言うものではない。


 でも、意外と特典を受けるためのハードルが低いのだ。


 みずほ銀行の他行振込み・ATM出金手数料無料条件。

1、みずほマイレージクラブへの加入。

 これが絶対条件。
 マイレージクラブへの加入は、無料なので、ぜひとも加入を。

 また、みずほ銀行のキャッシュカードはIC機能・生体認証機能を備えていて、本来発行手数料がかかるのだが、マイレージクラブの会員になると発行手数料が無料になる。



  で、次からが問題のハードル。


2、各種預金[円預金(普通〔無利息型を除く〕・貯蓄・定期・財形〔財形預金プラスを除く〕)、外貨預金(普通・定期)、投資信託、金融債、公共債などの月末合計残高が50万円以上あること。



 1、2の条件を満たすと、みずほ銀行・コンビニATMからの出金手数料だけでなく、他行宛振込みも無料になる。


 もっと詳しく他行振込み・ATM手数料について、まとめたのが↓

 みずほ銀行ATM・ローソン・イーネットATMセブンイレブンATM インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング(自動音声サービス) テレホンバンキング(オペレーション対応) 
他行宛振込み
(月3回まで) 
 無料 取り扱いなし 無料 無料
他行宛振込み
(月4回めから) 
 105円 取り扱いなし 105円 105円
ATM時間外入出金手数料  無料 無料  


 気になる定期預金の金利だが、1年ものスーパー定期の場合、窓口取り扱いで0.025%、インターネットバンキングで0.055%。


 さすがに、ネット専業銀行ほどの金利は望めない。

 けど、『ATMでの取引手数料が24時間無料でできる』点と『ATMで振込みが無料でできる』って言う点は50万円の預金金利以上にメリットが大きいかも。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする