スポンサーリンク

ペイオフ対策は・・・

 2010年9月10日、日本振興銀行が経営破綻し、初のペイオフが発動。

 最新のニュースでは、1000万を超える部分については34%くらいの払い戻しを行うらしい(正確な数字は忘れた。)

 経営破たん当時は、25%程度といわれていたので、ま、当初の予定より多くなったということか?

 ペイオフということで、不安に思っている人いるかも。

 でも、簡単に、投資話などに飛びついたりしないように。

ペイオフ対策はこれで十分

 ペイオフの対策としては、基本的に、一般庶民は、ひとつの銀行に1000万円以上預けない。

 これで十分。

 1000万円までは、確実に還ってくるんだから。

1000万円の枠の中身にご注意

 ちょっと注意が要るのは、

1、支店や口座が別でも、銀行が同じだと、合算されて1000万を越えた部分が保障されなくなる。

2、家族名義(幼児や赤ん坊の名前)で、同じ銀行に預けている場合。
 幼児などの名義で銀行口座を作っている場合、名義貸しとみなされることもあるので、注意が要る。

3.銀行の「預金」でもペイオフの対象とならないものもある。

 といったところにご注意するだけで十分。