スポンサーリンク

行方不明者の住民票の職権削除

 ある日、突然あなたの住民票が無くなる!

 そんなバカなこと起こるはずがないと思うけど、もしかすると、起こるかもしれない。

 なぜ、住民票が無くなってしまうことが起こるのだろう。

 一つは「失踪宣言による死亡とみなされた場合」。

 もう一つが「住民票の職権削除」。

住民票の職権削除

 住民票の職権削除は、市役所や区役所の戸籍係で行われる。

 要は、市役所などの職務権限で住民登録を削除してしまうことだ。

 住民票が職権削除されると、住所を証明するものが何もなくなってしまうので、「住所不定」となり、いろいろと生活や手続きに支障が出てくる。

 戸籍は「死亡」ではないので、除籍(死亡などの場合で、戸籍から抜かれる)されない。

住民票の職権削除がなぜ起こる

 住民票の職権削除はなぜ起こるかというと、パターンはいくつかある。

市民からの要請による住民票の職権削除

 例えば家族から「住民票上は同居になっているが、実際には行方が分からないので、住民票から削除してほしい」と市役所に要請があった場合。

 あるいは「市や県から郵便物が届いたが、自分のものではなく、前の住民の物のようなので、住民票上に前の住民の登録が残っていないか調べてほしい」などの要請があった場合。

 この場合は家族や近所に聞き取り調査、実態調査をして不在を確認して住民票を職権により消除することになっている。

 本当に実態調査が行われているかは保証できないけど。

税金の滞納や市町村からの郵便物が届かないなどの場合

  税金を納められてていなとか、市町村からの郵便物が届かない状態が続いている場合などに、実態調査をして、住所にその人が住んでいないことを確認できた場合に住民票を職権により消除するケース。

転出届はしたけれど転入届が出ていない

 転出届は出したものの、いつまでも新しい住所に転入届を出さないと、転出届を出した旧住所地の住民票が削除されるケース。

職権により削除された住民票を復活するには?

 住民票の職権削除を受けた場合、本人は行方不明なので、役所としても知らせることができず、気が付いた時には「住民票上に名前がない」なんてことになる。

 でも、戸籍は残っているので、新しく「住民登録して住民票を習得する」こともできる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする