自分の妻は専業主婦!だから何が何でも守りたい、専業主婦の年金優遇

  やっぱり専業主婦はお得な商売のようだ。


 年金改革案『夫の納めた年金は、妻が半分納めたものとみなす』というやつ。



 『厚生年金を妻と夫で半分こ』って、『厚生年金部分煮を半分こ』これで、不公平感の解消になるんだろうか?


 もともと、専業主婦の年金問題で、問題になっているのは、国民年金部分。



 この部分は手付かず。



 払うのは、夫でなくて、独身者や共働きの人。



 今回の年金の改正案では、夫が年金受給年齢に達しても、妻が年金受給年齢に達していなければ、妻のほうは厚生年金も国民年金も受け取れず、その年齢までの落差で損をする。



 と、言う意見もあるが、最終的に妻が長生きすれば、夫が死んでいても厚生年金と国民年金を受け取れる。



 ということは、サラリーマンの妻にとっては、おいしいことだらけ。



 最終的には、年金原資を余分に払うことになるんじゃないだろうか?



 遺族年金とかがどういう関係になるのか、まだ議論されていないようだが・・・。




 年金問題を議論している人たちの奥さんは、きっと、皆さん専業主婦に違いない。



 何が何でも、専業主婦の年金を有利にしたいものらしい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする