賃金と給料・給与・報酬どう違う?

 賃金・給与・給料・報酬どれも同じように感じる。

 本当は違うのだろうか?

 賃金・給与・給料・報酬の違いについてちょっと、調べてみよう。

 賃金・給与・給料・報酬について辞書を引くと、こんな風に出ている。

給料と給与の違い

給料

 使用人の労働に対して、雇い主が支払う報酬。

 俸給。

 サラリー。

給与

1、公務員や会社員の給料や賞与など、勤務に対する対価の総称。税法上は、俸給・給料・賃金・歳費・賞与及びこれらの性質を有するものをいう。

2、金銭・品物などをあてがい与えること。

税務関係の判例

 税務関係の判例では
「給料、賃金、賞与等その名目のいかんにかかわらず、雇用関係またはこれに準ずる関係に基づいて提供される労務の提供の対価として支払われるもの」
 を給与という。

 ということで、給料より給与のほうが、適応範囲が広いようだ。

給与には物も含まれる

 給料というと基本お金。

 だが、給与は、お金だけでなく、物(例えば、食事の現物支給や値引き販売、低利での金銭貸し付け、創業記念品等)などの現物支給も含まれるということらしい。

賃金と報酬の違い

賃金

 労働の対価として労働者に支払われる金銭。

 賞与なども含む。

報酬

 労務または物の使用の対価として給付される金銭・物品など

 賃金と報酬の違いははよくわからんね。

 賃金って言うと『雇われているサラリーマンなどが受け取る労働の対価』、報酬は役員などの労働の対価も含めての言い方ってイメージだが、厳密には違いが無いんだろうか?

所得税計算上の報酬と給与の違い

 ちなみに所得税の計算などの場合、報酬と給与には明らかな違いがある。

 確定申告のときには大きな違いが出るのでこちらの違いは把握しておいたほうがいい。

所得税計算上の給与

 雇用契約があれば、給与になる。

所得税計算上の報酬

 「請負契約」「委託契約」ならば、報酬ということになる。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする