人気の資格と家計に役立つ資格は別物

 資格は、たくさんあるけれど、難しい有名な資格をとっても、生活の足しにならない面も・・・。

 人気の資格と役に立つ資格は別物だ。

 弁護士や、司法書士なんかは事務所を作るか、入社しないと、あまり意味が無い。

 独立開業しても、顧客が付かないとくっていけないし。

 そういう資格ではなくて、『会社に勤めながら、生活に役立つ資格』『ちょっとした、副業になるような資格』ってのにまず挑戦してみたらどうかな?

役に立つ資格は難易度が高くないものが多い

 『会社に勤めながら、生活に役立つ資格』『ちょっとした、副業になるような資格』って、意外に難しくなかったりする。

 介護系なら「 初任者研修(ヘルパー2級)」とか、土木・電気関係の資格などは、アルバイト・副業としておいしい資格。

 しかも、就職にも役に立つ。

 資格を取るののもそんなに難しくない。

役立つ資格は人気が高くない

 どういうわけか、役立つ資格は世間様の人気が高く無い資格が多いんだけどね。

 とくに「 初任者研修(ヘルパー2級)」何かは、介護職は重労働で給料が安い。

 という評価なので。

 でも、持っていれば、少なくとも就職先に困ることはないし、短時間でも働くことができる。

 資格を取るための学歴なども必要ない。

 ステップアップも狙える。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする