スポンサーリンク

待機期間・給付制限期間中のアルバイトはNG?OK?

 待機期間中と給付制限期間(自己都合の退職の場合は、約三ヶ月)は雇用保険の基本手当ては受けられないし、収入ゼロ。

 きびしいのー。

 さて、雇用保険の失業手当をもらうまでの待機期間中のアルバイトはOK?NG?

 雇用保険の失業手当をもらうまでの給付制限期間(約3ヶ月)のアルバイトはOK?NG?

雇用保険の失業手当をもらうまでの給付制限中のアルバイト

給付制限期間のアルバイトはOKだが

 給付制限期間もアルバイトOKだ。

 しかし、もちろん注意は要る!

給付制限中のアルバイトの注意点

 規則では、継続して2週間以上アルバイトをした場合は「再就職した」とみなされる。

 ところが、現実上は

 「給付制限期間中に始まって終わる契約」であれば「アルバイトしてもいい」という対応をするハローワークが増えているらしい。

 ただし、ここら辺の判断は、各ハローワークの担当者によって違うらしいので、ハローワークに確認したほうがいい。

雇用保険の失業手当をもらうまでの待機期間中のアルバイトはOK?NG?

 給付制限中のアルバイトはOKだが、待機期間中(ハローワークで雇用保険受給の手続きをした日から7日間)のアルバイトは、しないほうがいい。

待機期間は失業中であることを証明する期間

 雇用保険の基本手当ての受給資格である『失業の状態であることを証明する期間』が待機期間。

 ゆえに、アルバイトをしてしまうと、『仕事がある』とみなされて、また、7日間数えなおさないといけない。

待機期間中のアルバイトはNG・給付制限中のアルバイトはOKだけど

 待機期間中のアルバイトはNG・給付制限中のアルバイトはOKだけど、給付制限中のアルバイトが許容される条件はハローワークによって違うので、アルバイトをするときには、ハローワークの担当者にきちんと話を聞いたほうがいい。

 自己判断は危険です。